お問い合わせ

LGBT関連ニュース

2020年にアメリカで殺されたトランスジェンダーの人々は41名に上り、過去最多になってしまいました

記事日付:2020/12/24

 2020年にアメリカで殺害されたトランスジェンダーの人々の数が少なくとも41名に上り、過去最多となることが明らかになりました。


 米国最大のLGBTQ人権団体「Human Rights Campaign(HRC)」は2013年からトランスジェンダー殺害事件(ヘイトクライム)を調査してきましたが、2020年は12月9日時点で41名の事件を確認、報告されていない事件がある可能性も高いとして「少なくとも」41名が殺されていると発表しました。これまで最多だったのは2017年の31名ですが、大きく上回ってしまいました。殺害されたトランスジェンダーの多くは有色人種、特に黒人のトランス女性です。(詳細はこちら

 2019年にはThe American Medical Associationが、社会の状況のことを、「トランスジェンダーコミュニティに対する暴力の流行」と呼んで危機感を募らせていましたが、HRCは2020年も「暴力の流行」の年だったとしました。
 
 12月初めにトランスジェンダーであることをカムアウトした俳優のエリオット・ペイジは、社会的影響力の高い人々がトランスフォビアを隠そうともしないことを強く批判し、当事者として黙ってはいられないと宣言しました。
「トランスジェンダーのヘルスケアを犯罪化し私たちの存在する権利を否定する政治家、そしてトランスコミュニティへの敵意をむきだしにしつづける巨大プラットフォーム(メディア)の人たちへ:あなたたちは血塗られた手の持ち主です。トランスコミュニティに向けられたその下劣な凶暴さと下品な怒りを解放しなさい。トランスジェンダーの成人の40%が自殺を試みたことがあると知っていますか。もうたくさんです。人々を傷つけているあなたたちは決して"キャンセル"※2などされていません。私は、トランスコミュニティの一員として、あなたたちの攻撃に黙っていません」

 弊社のメルマガ「OUT&PROUD」でもたびたびご紹介してきたNetflixドキュメンタリー『トランスジェンダーとハリウッド: 過去、現在、そして』では、これまで映画やドラマにおいて、どれだけのトランスジェンダーが「モンスター」や笑いの対象として描かれ、視聴者にネガティブな印象づけが行なわれてきたかを告発するものでした。
 本作のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたトランス女性の俳優ラヴァーン・コックス(『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』)は、今年11月に見知らぬ男性に暴力を振るわれたことを明かし、「でもこれは私にとってショッキングな出来事じゃない。私の人生はずっとこうだったから。私はずっとこういうことに対処していかなくてはいけなかった」と語りました。
 
 トランプ政権下で、トランスジェンダーの人々は、危うく性別変更を禁じられそうになるなど、迫害とも言うべき差別に直面してきました※。そのことが世間のトランスフォビアを増長させ、トランスジェンダーへのヘイトクライムを煽っていたのは間違いありません。バイデン次期大統領は、史上初めて大統領勝利演説でトランスジェンダーに言及し、トランプ政権下で迫害されていたトランスピープルに希望を与えました(詳細はこちら)。来年は希望の年になることを期待します。

※トランプ大統領は、2017年2月にトランスジェンダーを擁護する(公立学校での自認性でのトイレ使用の権利を認める)オバマ氏の通達を破棄し、7月には「トランスジェンダーの従軍を禁止する」と発言し、2018年10月には性別変更を禁じる法案を準備していることが明らかになり、今年は医療保険制度の性差別禁止条項からのトランスジェンダーの排除(医師が堂々と差別できるようになる改悪)を進めていました。

 
 
参考記事:
2020年に殺されたトランスジェンダーの人々、過去最多に(フロントロウ)
https://front-row.jp/_ct/17420090

よく見られている情報