LGBT関連ニュース

今年も宮崎県庁がレインボーカラーにライトアップされました

記事日付:2020/12/09

 宮崎県が今年も宮崎県庁本館をレインボーカラーにライトアップしました。人権週間(4~10日)に合わせて実施しているもので、14日まで毎日18~21時に点灯されます。
 
 
 宮崎県は2018年、地元のLGBT団体「レインボービュー宮崎」の提案を受けて、宮崎県庁本館のレインボーカラー・ライトアップを実現しました。ライトアップだけでなく、本館1階で性の多様性について解説するパネル展示も行なわれました(詳細はこちら)。以降毎年、レインボーカラー・ライトアップが継続して行なわれています。

 今年も12月7日夜、レインボービュー宮崎が誰もが自分らしく生きられる社会について考える「男女共同参画」×「LGBT」のトークイベントを開催しました。その中で宮崎市の担当者は、市のパートナーシップ宣誓制度の利用者が、開始からおよそ1年半で13組に達したと語りました。宮崎公立大学の四方由美教授(ジェンダー論)は、「ジェンダー平等には、男女共同参画とLGBT、どちらも含まれていて、SDGsの広まりで両方取り組まれるようになった」と語りました。
 トークイベントの参加者のみなさんは、その後、レインボーカラーにライトアップされた県庁に向かい、イベントを締めくくりました。
 レインボービュー宮崎代表の山田健二さんは、「県が人権尊重の方向性を打ち出してくれて助かります。一般の方も『きれいだな』というところから関心を持っていただき、そこにはいろいろな人の思いがあるんだとか、性的マイノリティの方が身近にいるんだということを意識していただく一つのきっかけになったらうれしいです」と語りました。
 
 レインボービュー宮崎は今年、宮崎市との共催で8月に宮崎県庁レインボーカラー・ライトアップ、日替わりのイベントやライブの屋外開催、毎日パレードという「宮崎レインボーウィーク」を予定していましたが、コロナ禍で県のイベントがすベて中止となり、急遽、宮崎市民プラザがレインボーライトアップされ(市の柔軟な対応のおかげです)、写真展やパネル展示などが行なわれました(詳細はこちら
 また、9月20日(日)には「宮崎レインボーウィーク2020第2弾」として映画『ジェンダー・マリアージュ』上映会&トークショーと宮崎レインボーパレードが開催されました(レポートはこちら
 コロナ禍の中でもこうして目覚ましい活動を展開してきたレインボービュー宮崎のみなさんに拍手を贈りたいです。
 
 
参考記事:
男女共同参画×LGBT トークイベント 宮崎県(テレビ宮崎)
https://www.umk.co.jp/news/?date=20201208&id=06432
宮崎県庁本館をレインボーライトアップ、14日まで(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASND86QJMND8TNAB004.html

ジョブレインボー
レインボーグッズ