お問い合わせ

LGBT関連ニュース

東京都足立区の区議が「LGBTばかりになると足立区が滅ぶ」などと発言し、問題視されています

記事日付:2020/10/04

 東京都足立区で9月25日に開かれた定例議会で、白石正輝議員(自民)が「日本中がLGBTになってしまうと足立区や日本が滅んでしまう」などと発言し、前時代的な無理解・偏見に基づく差別的言動に批判の声が高まっています。

 
 こちらから映像をご覧いただけますが、白石議員は少子化問題に関連して、「性の多様化だとか、LGBTと言われて、性の自由を尊重しようという時代があちこちに生まれつつある。私は、人間の生き方ですから、本人の生き方に対して干渉しようとは思いません。けれども、考えてください。こんなことはありえませんが、日本人が全部L、全部Gとなってしまったら、次の世代をになう人が生まれない」と述べ、続いて、教育長に対して、「BとTは生まれつきだが、レズ(注:あえてそのまま掲載しております)とゲイについては、もし足立区に完全に広がったら足立区民がなくなってしまう」「学校教育の場で取り上げた時には、普通に結婚をして、普通に子どもを産むことが、いかに人間にとって大切なことか」「私も三人育てましたけれども、大変でしたが、今になって思うと、ああ、子どもを産んでよかったなと思います」「LだってGだって法律で守られてるじゃないかなんていうような話になったんでは、足立区は滅んでしまう」と問いました。
(なお、荒井教育指導部長は答弁で、LGBTについては何も触れませんでした)

 10月2日にトランスジェンダーの方がこの発言に気づいてTwitterで拡散し、たくさんの指摘や批判の声が上がりました。
 ゲイである弁護士の南和行さんは「この足立区議の白石正輝さんは、私が死んだら喜んでくれるのかしら。私は生きるも死ぬも事実として同性愛者です」とツイート、初代MR.GAY JAPANのSHOGOさんは「白石議員、とりあえず同性愛で滅んだ街は世界中どこにもないから安心しなー」とコメントし、ニュージーランドで同性婚を認める法案で賞賛を浴びたウィリアムソン議員のスピーチを紹介しています。
 アライとしてLGBTQコミュニティに多大な貢献をしてきた東ちづるさんは「社会のために子どもを産もうと思ってる人いないと思う。私も子供は授からなかったから、社会に貢献できない、普通ではない人間かあ。この機会に人権やLGBTを学んでほしい。無知は罪です」とコメント、助産師/性教育Youtuberの大貫詩織さんは「唖然とした。少子化が進むのは同性愛者のせいだとでも、思っているのだろうか。「もし全員がLやGだったら」なんて無意味な想像してないで、今産みたい人育てたい人が子育てできる社会にしてほしい」と、映画『his』の作者であるアサダアツシさんは「どんなホラー映画よりも、こういう「自分は正しい」と信じて疑わない人物がのうのうと間違ったことを語り、周囲はそれを糾弾しようとしない方がよほど恐怖を感じる」とコメントしています。
 その他、「ご自身の子孫が可愛いと思うなら、彼らが同性愛者で結婚したいと思った時に少しでも生き易くしたいと思わないのか」「基本的な人権意識が欠如している」「区の執行部は答弁で何も触れなかったということだが、区としてこの発言を認めているということではないか」「足立区には一生住まないと心に誓った」などの声が上がっています。

 LGBT法連合会の神谷悠一事務局長は、「教育によって同性愛者が増えたり減ったりすることはなく、少子化に結び付けること自体が誤っている。正確な事実に基づき発言してほしい」と指摘しています。
 
 一般社団法人fair代表理事の松岡宗嗣さんは、Yahoo!の記事で「白石議員の発言は、事実に基づかない憶測や偏見で少数者をおとしめる極めて悪質なもの」「性の多様性を教育で取り上げることは、今すでに存在しているLGBTの可視化にはつながるが、”LGBTばかりになる”ことはない」「議員という立場で差別的なヘイトスピーチを行うことは非常に問題だ。なぜならその侮蔑的な発言が、当事者に押しつけるスティグマ(負の烙印)を強化してしまうだけでなく、その考え方や発言が具体的な政策につながってしまった場合に、マイノリティの人権が侵害されてしまう可能性があるからだ」と問題点を整理し、発言の発端となった少子化問題についても「ただ「産めよ増やせよ」と言い続け、「生産性」によって多様な性や家族のあり方を否定することは、そもそも少子化対策につながらないだけでなく、マイノリティの命をおとしめる非常に有害な考えだと言える」と指摘しています。
 
 政治家によるLGBTQへの差別発言については、2013年の都議会議員選挙の選挙戦中、blogの中で「遠くの政治より、目先のホモ」などと書いていたことで炎上した音喜多駿氏(その後謝罪するとともに、アライとして活動中)、2015年、LGBT支援施策を検討している兵庫県宝塚市議会で大河内茂太市議が「同性愛者が集まり、HIV感染の中心になったらどうするのか、という議論が市民から出る」と発言し、議会が紛糾した事件、同年、神奈川県海老名市の鶴指真澄市議が同性愛者について「生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!」などとTwitterに書いて炎上した事件、同年、岐阜県の藤墳守県議が本会議の最中に「同性愛は異常」とヤジをとばし、翌日に謝罪、県議会政治倫理審査会委員長と自民党県連政調会長を辞任した事件、昨年の平沢勝栄衆議院議員の「LGBTばかりになったら国は潰れる」との発言、昨年の鹿児島市議会での上田勇作市議による「(同性パートナーシップ証明制度の)ニーズはほとんどない」「地方都市がLGBT施策を推進すべきでない」「自然の摂理に合った男女の性の考えを強調すべき」などの発言など、枚挙にいとまがありません。
 議員の方は公職であり、人権侵害にあたる発言は許されるものではありません。議会においてこのようなLGBTQ差別発言が行なわれた場合、例えば海老名市の「異常動物」発言市議に対しては議会で辞職勧告が決議されましたが、今回の件に関して、足立区議会としてどのように対応が行なわれるのかということにも注視していく必要がありそうです。
 
 
参考記事:
同性愛広がれば「足立区滅びる」 白石正輝・自民区議が議会で発言(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/59502
「LGBTばかりになると足立区が滅ぶ」東京・足立区の自民党議員が差別発言(Yahoo!)
https://news.yahoo.co.jp/byline/matsuokasoshi/20201003-00201360/

よく見られている情報