お問い合わせ

LGBT関連ニュース

『逃げ恥』新春SP、LGBTQへのエールが随所に盛り込まれていて素晴らしかったです

記事日付:2021/01/05

 1月2日、「『逃げるは恥だが役に立つ』ガンバレ人類!新春スペシャル!!」(TBS系)が放送され、視聴率が15%を超え、番組関連ワードがTwitterトレンド入りを果たすなどして大きな注目を集めました(きっとご覧になった方も多いことでしょう)。マタハラや育休の現状、男の生きづらさなど様々なジェンダー問題に迫る内容で、随所にLGBTQに関するシーンも盛り込まれていました(後半は、コロナ禍に翻弄される平匡&みくり&赤ちゃんの姿が描かれ、感動を呼びました)
 

 『逃げるは恥だが役に立つ』は2016年下期に放送され、社会現象にもなったドラマです(「恋ダンス」も大人気になりました)。その最終回は、主人公みくり(新垣結衣さん)ととても仲が良い伯母の百合(石田ゆり子さん)が勤める会社の部下・梅原(成田凌さん)が「ゲイアプリでとても気の合う人がいるんだけど、正体を明かしてくれない」と言ってカミングアウトし、その相手が実は主人公の平匡(星野源さん)の同僚である沼田(古田新太さん)だったとわかり、二人はめでたくカップルに…という素敵なハッピーエンドで、大きな反響を呼びました。

 今回の新春SPでは、梅原と沼田が一緒に、幸せそうに暮らしている様子も描かれ、二人を応援するファンを喜ばせました。

 ほかにも、百合と梅原の会話で、百合が「独り身にも優しい社会にならないかな」「梅ちゃんは沼ちゃんがいるからいいよね」と言うと、梅原が「でもいろいろ悩みはありますよ。老後のこととか」「同性のパートナーは家族と認められずに、死に目に会えないこともある。家族なんていろいろなんですけどね」と答え、「早く100年くらい経たないかなぁ」と二人でため息をつく、というシーンがありました。

 それから、がんであることがわかって辛い思いをしていた百合を支えていた高校時代の友人・伊吹(西田尚美さん)が、「実は高校時代に百合のことが好きだったんだ」と告白し、その後、百合は「ありがとう」と言い、伊吹は「こんなこと言ったらもう会えないかと思ってた」と胸をなでおろす、というシーンがありました。伊吹は現在は、同性のパートナーと暮らしている、という話もありました。男女間の「実は昔好きだった」という告白とは異なり、レズビアンやゲイの多くは、セクシュアリティゆえに好きな人に拒絶されるかもしれないという恐怖と闘いながら、一大決心で、ものすごい勇気で告白するわけですが、あまり重苦しくなく、それでいて、カミングアウトの重みや、当事者の気持ちに寄り添うような描かれ方だったように感じました。

 また、平匡の元同僚で百合に愛を告白していた涼太(大谷亮平)が、平匡との会話の中で「恋人といっても同性かもしれない」とさらりと言うシーンもありました。

 そして、平匡&みくりが子どもの名前をどうするかで話し合っていた際、「男でも女でも通用する名前にしては?」「生きていく中で性別が変わる場合もありますよね」という会話がありました。明らかにトランスジェンダーやインターセックスのことを想定したセリフでした。

 
 このように、2時間のドラマの中で、しかも世間的にものすごく注目を集めたメジャーな作品の中で、同性カップルの幸せな姿や直面しがちな困難、周囲のアライの友人たち、子どもがそうかもしれないと考える(そうだとしても受け容れる)親の姿など、たくさんのLGBTQ関連のことが描かれていたのは画期的で、世間に与える影響の大きさを考えると、たいへん意義深い、素晴らしいドラマだったと言えます。

 

『逃げるは恥だが役に立つ』公式サイト
https://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

『逃げるは恥だが役に立つ』ガンバレ人類!新春スペシャル!! 見逃し配信(TVer)
https://tver.jp/feature/f0064788

よく見られている情報