お問い合わせ

LGBT関連ニュース

ラルフローレンがゴルフのジャスティン・トーマスとの契約を解除、同性愛嫌悪発言で

記事日付:2021/01/17

 米ファッション大手のラルフローレン・コーポレーションは1月15日、男子ゴルフで現在世界ランキング3位のジャスティン・トーマス選手とのスポンサー契約を解除しました。同選手は9日のラウンド中に同性愛者を中傷する暴言を吐き、このときの音声がテレビ中継のマイクに拾われていました。
 

 ジャスティン・トーマス選手(27歳)は2013年のプロ転向のときからラルフローレンのウェアを着用。2017年全米プロゴルフ選手権でメジャー初優勝を飾るなど、PGAツアー(米国男子ゴルフツアー)通算13勝を挙げています。
 2021年初戦となったハワイ州でのセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズで大会連覇を目指していたものの、3日目の4番で約1.5メートルのパーパットを外した際に同性愛嫌悪(ホモフォビア)的な言葉を発し、これがSNSですぐさま怒りを呼びました。
 問題を起こした翌日、トーマス選手は、「弁明の余地がない。ひどい発言だった。気分を害したすべての人々に深くお詫びを申し上げる」と謝罪しました。しかし、トーマス選手とウェア契約を交わしていたラルフローレンは、「年齢や人種、ジェンダーアイデンティティ、民族性、政党、あるいは性的指向に関係なく、すべての人々の尊厳を信じている」ブランドにそぐわないとの認識を示しました。
「先日のトーマス氏の言葉に失望しています。適切でなかったばかりでなく、われわれの価値観と完全に食い違っています」
「彼(トーマス)が謝罪して自分の言葉の重大性を認識していることは承知していますが、彼は当社のブランドアンバサダーとして報酬を受け取っており、彼の行動はわれわれが推進しているインクルーシブなカルチャーに相反するものです」
 さらに、すべてのステイクホルダーへの責任を考慮し、今後トーマスとの契約を続行しないことに決めたと説明し、「今回の決定に当たってわれわれが望んでいるのは、トーマス氏が再び当社と契約するために懸命かつ必要な努力をしていくこと、すなわちこの事態を真剣に考察し、学び、成長し、最終的には自分のプラットフォームを利用して多様性の受け入れを推進していくことです」と述べました。


 トーマス選手のホモフォビア発言に対し、PGAツアー側も「彼がラウンド後に話したように、ジャスティンのコメントは受け入れられるものではない」と声明を発表、罰金を科す見通しだそうです。
 PGAツアーでは昨年3月、スコット・ピアシー選手が米大統領選挙の民主党候補者指名を目指していたピート・ブティジェッジ氏に対し、同性愛嫌悪を示す画像を投稿するなどして複数のスポンサー契約を解除されました。2014年にはラウンド中に同性愛者を中傷する言葉をつぶやいたパトリック・リード選手が謝罪したという事例もあります。


 ラルフローレンは30年間、ボランティアや財政的支援、コーポレート・イニシアチブを通じてLGBTQコミュニティをサポートしてきました。これまでストーンウォール・コミュニティ財団やニューヨークのLGBTQユース支援団体「Hetrick-Martin Institute」、米国エイズ研究財団、エルトン・ジョンAIDS基金などに寄付してきました。
 ストーンウォール50周年に当たる2019年には、ジェンダーニュートラルなプライドコレクションを発表し、売上の大部分をストーンウォール・コミュニティ財団に寄付しています。
 コロナ禍に見舞われた2020年のプライドでは、「今年のプライドは今までとは変わってしまった。だから、私たちは、共に起ち上がる」という力強いメッセージとともに、『POSE』に出演したトランスジェンダーのインディア・ムーアや、ダン・レヴィ、ジェレミー・ポープのようなアイコニックなゲイの俳優を起用し、オリジナルのメッセージフィルムを発信しています(こちらのPRIDE特設サイトをご覧ください)
 

 
参考記事:
米ラルフローレンがトーマスとの契約解除、同性愛嫌悪発言で(AFPBB News)
https://www.afpbb.com/articles/-/3326637
ラルフローレンが同性愛蔑視発言のジャスティン・トーマスと契約解除(ゴルフ情報ALBA.Net)
https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=165470
ラルフローレンが不適切発言のトーマスと契約解除(ゴルフダイジェスト・オンライン)
https://news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/134332/1/
ゴルフ世界3位トーマス、同性愛嫌悪の暴言を謝罪「言語道断」(AFPBB News)
https://www.afpbb.com/articles/-/3325503
ゴルフ=世界3位トーマス、同性愛嫌悪ワード使用を謝罪(ロイター)
https://jp.reuters.com/article/golf-masters-idJPKBN29G08E
トーマスが不適切発言を謝罪 ツアーから罰金の可能性も(ゴルフダイジェスト・オンライン)
https://news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/134220/1/


よく見られている情報