お問い合わせ

LGBT関連ニュース

同性カップルも利用OKな「おためし同棲」サービスが展開中

記事日付:2020/09/15

 マンスリーマンションを活用し、同性カップルもOKと謳う「おためし同棲」のサービスが展開中です。敷金や礼金などが不要で、保証人も不要、同性カップルが直面しがちなハードルがほぼほぼ解消されていると言えます。
 
 
 「おためし同棲」は同棲に特化したサービスです。通常、カップルが一緒に住もうとすると、敷金、礼金、仲介手数料、家具家電、引っ越し費用など大きな費用がかかりますし、それぞれ保証人が必要だったり、2年契約などの縛りもあり(1ヵ月とか2ヵ月前までに退去予告が必要、ごく稀に違約金が発生する物件も)、同棲を始めるのも解消するのもハードルが高いと言う現状がありました。こうしたハードルを極力下げて、手軽に同棲を試せるサービスとして開始されたのが「おためし同棲」です。家具家電付きのマンスリーマンションを利用するので、1ヵ月から手軽に利用でき、しかも連帯保証人や敷金・礼金・仲介手数料が不要です。初めから「LGBTなど通常の不動産契約で難色を示される場合があるようなカップルも契約できます」と謳われているのも特徴です。
 
 同性どうしで一緒に暮らそうとする場合、(特に男性どうしの場合、「部屋を汚されるのではないか」「何か危険なことを企んでいるのではないか」などの偏見で断られたり)ゲイカップルです、レズビアンカップルですと伝えた時に、理解のない大家さんから断られるケースもあり、物件探しで苦労している方も少なくありません(SUUMOが同性カップルに行なった調査では、全体の44.3%が家探しで「苦労した」と回答しています)
(こうした家探しの困難を解消するために、LGBTのための不動産屋屋「IRIS」ができたり、SUUMOがLGBTフレンドリー物件の検索サービスを始めたりしてきたのでした)
 首尾よく物件が見つかったとしても、多くの物件は連帯保証人が必要なため、それぞれの親に保証人になってもらうようお願いする必要がありました。親にカミングアウトしていない人の場合、「友達とルームシェアする」と言うことになるでしょうが、相手はどういう関係なのか、信頼できる人なのか、と根掘り葉掘り聞かれたり、そんなことしてたらいつまで経っても結婚できないぞ、などと言われたりしかねません。そもそもLGBTQは実家の親と疎遠になっていたり、なかには勘当され、絶縁状態にある方もいます。そういう意味で、親に保証人になってもらうということは一つのハードルだったと言えます。
 同性カップル(あるいはどちらかまたは双方がトランスジェンダーであるカップル)がお部屋を借りる時に直面しがちな保証人の問題をクリアできるということのメリットは、小さくありません。

 また、パートナーが同性で、会社には告げておらず、独身と見なされている方の場合、配偶者がいる社員よりも地方に単身赴任させられる確率が高い傾向にあると考えられますが、出向を命じられた時のダメージが少なくて済む、本当は同性パートナーと一緒に社宅に住みたいが、それは難しいので仕方なく賃貸マンションに暮らしているような方にとっても利用しやすい、共に収入が少ない(不安定な)女性どうしのカップルやLGBTQユースなどにとって、コストが少なくて済むのはうれしい、など、様々なメリットが考えられます。
 
 この「おためし同棲」を運営している会社は、おそらくそこまでLGBTQのきめ細かなニーズを把握(マーケティング)していたわけではないでしょうが、最初から「LGBTなど通常の不動産契約で難色を示される場合があるようなカップルも契約できます」と門戸を広げてくれたおかげで、当事者のニーズにマッチするいいサービスになったと言えそうです。

 当事者にとっては、今回の「おためし同棲」によって、これまでのような様々なハードルに直面することもなく、気軽に同棲することができるようになり、そのうえで「この人なら大丈夫」「この先ずっと一緒に暮らしたい」と思えたら、改めて上記のIRISやSUUMOなどのサービスを利用してLGBTQフレンドリーな物件を見つけることもできます。そして今ではみずほ銀行三井住友銀行でも共同で住宅ローンを組むことも可能になっています。そのような選択肢が増えたのは、実に素晴らしいことです。
 

  
参考記事:
1カ月限定の「おためし同棲」が話題…同棲特化の物件紹介サービスは“コロナ破局”も関係?(FNN)
https://www.fnn.jp/articles/-/75760
日本初の同棲特化サービス「おためし同棲」で秋葉原エリアスタート <マンスリーマンション/初期費用なし>(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000295.000022329.html
「おためし同棲」、秋葉原エリア物件取り扱い始まる(アキバ経済新聞)
https://akiba.keizai.biz/headline/4640/

よく見られている情報