お問い合わせ

LGBT関連ニュース

LGBTQ支援のチャリティとして、キース・ヘリングの個人コレクションがサザビーズに出品されることになりました

記事日付:2020/09/11

 キース・ヘリングの個人コレクションからの一部の作品が9月24日~10月1日、世界中の至宝が取引される「サザビーズ」でオンライン・オークションに出品され、収益がLGBTQ団体に寄付されることになりました。

 キース・ヘリングは、1990年に亡くなる前、HIV予防啓発運動を継続するためのキース・へリング財団を設立しました。今回のオークション「Dear Keith:Works from the Personal Collection of Keith Haring」には、同財団が管理しているキースの個人コレクションから140点以上の作品やオブジェが出品されます。 
 その個人コレクションの中には、アンディ・ウォーホルやジャン=ミシェル・バスキア、ロイ・リキテンスタイン、ケニー・シャーフなど、同時代に活躍していたアーティストから寄贈された、あるいはキース・ヘリングが直接購入・取引した作品も含まれています。ウォーホルの《Portrait of Keith Haring and Juan DuBose》(予想落札価格:約2125万~2656万円)やバスキアの《Untitled》(予想落札価格:約1062万~1593万円)、リキテンスタインの《Forms in Space》(予想落札価格:約531万~744万円)などが今回のオークションに登場する予定だそうです。
 サザビーズ・ニューヨークのコンテンポラリー・アート・オンライン・セールス部門長であるハリソン・テンザーは、今回のオークションについて「『Dear Keith』は、キースの生涯を通じて、そのユニークなビジョンにインスピレーションを受けたアーティストたちの多様なコミュニティにスポットライトを当てる。そのコレクションは、偉大なコレクターの財産が彼らの個人的な視点を覗く窓であるように、驚くほど自伝的なものだ」とコメントしています。
 今年はヘリングの没後30年の節目の年。それを記念するため、今回のオークションによる収益は、1983年からニューヨークのLGBTQセンターを運営し、コミュニティを支援してきた団体「ザ・センター」に寄付される予定です。
 キース・へリング財団の理事代理、ギル・バスケスは、「財団として、創設者が深く関心を寄せていた多くの問題に一度の寄付で取り組むことができるのは珍しいこと。ザ・センターは、キースが目指していたものの多くを体現している。つまり、コミュニティ、エンパワーメント、そして私たちの未来である若者への支援だ。この時期にこうした目的のために寄付することは正しいことだと確信している」と声明で述べています。

 
 なお、チャリティ・オークションといえば、9月5日のフレディ・マーキュリーの誕生日にブライアン・メイとロジャー・テイラー、マーキュリー・フェニックス・トラストが、チャリティ・オークションサイト「Givergy」と提携し、クイーンのお宝アイテムをオークションにかけ、HIV/エイズと世界規模で闘うための活動へのチャリティとすることを発表しました。
 マーキュリー・フェニックス・トラストの代表であるクラウディア・ウォーカーは、「新型コロナウイルスとの闘いがいまだに続くなか、マーキュリー・フェニックス・トラストは今年、毎年世界中から何千人ものファンが集まる最大の恒例イベントであるモントルーでのフレディ・マーキュリーのオフィシャル誕生日パーティをはじめ定期的な募金活動を行うことができておりません。他の多くのチャリティ団体と同様、資金調達が困難な状況に陥っているなか、今回のGivergyでのオークションは、2020年度のマーキュリー・フェニックス・トラストにとって重要なキャンペーンとなります」と語りました。
 開設されたオークション・ページでは、ファンや収集家がクイーン関連アイテムに入札したり、1992年にウェンブリー・スタジアムで行われた「フレディ・マーキュリー追悼コンサート」でロジャー・テイラーが着用し、今回個人的に寄贈したスウェットや、ブライアン・メイが同コンサートのリハーサルで着用したサイン入りジーンズをはじめ、彼自身の所有物からセレクトしたアイテムなどが含まれる懸賞品が当たる抽選チケットを購入できるそうです。
 その他のアイテムとしては、完全ソールドアウトしたクイーン+アダム・ランバート2020年の「THE RHAPSODY TOUR」ジャパン・ツアーからのサイン入り限定ポスターや、ロジャー・テイラーのサイン入りドラムスティック、現在廃盤となっているフレディ・マーキュリーの貴重な2019年のシングル「Time Waits For No-One」の7インチ・アナログ盤とCD、クイーンの“ハッピーソックス”BOXセット、2017年のクイーン+アダム・ランバートのサイン入りツアー・フラッグなどもあります。

 
 国連事務総長をはじめ世界のいたるところで、コロナ禍がLGBTQに及ぼす影響(LGBTQが危険にさらされやすいこと)が懸念されているなか、LGBTQ支援団体やHIV団体もまた苦境に陥っているため、こうした団体をバックアップし、支援の手が止まらないようにしていくこともまた重要であるということが明らかになったニュースでした。
 



参考記事:
キース・ヘリングの個人コレクションがサザビーズに出品。収益はLGBTQの支援団体に寄付(美術手帖)
https://bijutsutecho.com/magazine/news/market/22671
マーキュリー・フェニックス・トラストがクイーンのお宝アイテムをチャリティーオークションに出品(Udiscovermusic)
https://www.udiscovermusic.jp/news/queen-mercury-pheonix-givergy-auction

よく見られている情報