お問い合わせ

LGBT関連ニュース

パンデミック収束後に最も早く旅行を再開するのがLGBTである理由

記事日付:2020/06/04

 ニューヨークを拠点に旅行業界向けのニュース、調査、マーケティングサービスを提供する「Skift」が先週、「最も早く旅行を再開するのはLGBTQコミュニティだと考えられる理由」という記事を発表しました。Rosie Spinksというジャーナリストが書いたものです。
「LGBTQコミュニティは、歴史的に見て、旅行が減少した後の回復が非常に早い傾向にあります。パンデミック後の回復も同様の動きを示す可能性があるという兆候が早くから見られます」
 たいへん興味深い記事でしたので、以下にご紹介します。

 
 旅行の再開が始まりつつある今、大きな疑問は、家に閉じ込められていたどれだけの人々が、潜在的なリスクがあっても再び旅行する準備ができているかということです。バラ色のものから運命的なものまで、誰もが自身の将来を推測しますが、歴史上、危険が伴うときでさえも旅行する意思があることが証明された人口統計があります。それがLGBTQコミュニティです。

「特にニューヨーク市では、9.11事件の後、最初にLGBTQコミュニティがショーやレストラン、ホテルをサポートし、通常の世界に戻るために貢献したと広く言われています」と、IGLTA(国際LGBTQ+旅行協会)のCEOであるJohn Tanzella氏はこの3月、「Skift」に語りました。
 
 数ヶ月後には、それは本当であることが証明されるはずです。
 マーケットインサイトおよび分析会社「The Harris Poll」が実施した世論調査によると、現段階ではまだ慎重ですが、LGBTQの旅行への回帰意欲は全般的に全人口の平均を上回っており、LGBTQの成人の51%が2020年中に旅行に出かけると予想しているのに対し、LGBTQ以外の成人は46%となっています。先週末のホリデーシーズンにはLGBTQの8%が喜んで旅行の計画を立てると回答していたのに対して、LGBTQ以外は4%でした。
 IGLTAの別の調査によると、回答者の3分の2(66%)は2020年末までに、ビジネス以外の理由で旅行を快適に過ごせると回答しています。

 記念日の週末にミズーリ州の混雑したプールパーティに集まった人々など、すべてのリスクを無視して通常どおり挑戦し続けることは、2020年に関しては注意が必要です。公衆衛生のアドバイスに従って、ロンドン、サンフランシスコ、ニューヨークなどの都市での大型イベントは中止になりました。しかし、ファイヤー・アイランド・パインズやマサチューセッツ州プロビンスタウンなど、LGBTQに人気の旅行先は、民家のレンタルや屋外アクティビティなどの安全性を重視して、LGBTQの人々からの需要でで安全に再開する方法に取り組んでいます。

「以前の調査では、私たちのコミュニティは、LGBTQではない人々よりも頻繁に旅行をした歴史を持つ、弾力性のある忠実な旅行セグメントであることが示されています。私たちは、LGBTQの旅行者が回復計画の重要な一部であるべきことを観光業界全体に思い出させるため、この特に困難な時期に彼らの感情を文章にまとめたいと思いました。メッセージは、さらに強力になる可能性があります」とTanzella氏は述べました。
 LGBTQの人々が、テロリズムから不況、パンデミックまですべてに直面して、歴史的に弾力性のある旅行者である理由は2つあります。1つ目は、そのコミュニティの大部分がダブルインカムで子どももいないため、旅行により多くの時間とお金を費やすことができるという平凡な理由です。これは、LGBTQ向けのラグジュアリーな旅行を手がける「Out Of Office」の創設者であり、訪問数の多さを誇るLGBTQ旅行サイト「Travelgay.com」のマネージングディレクターであるDarren Burn氏による見解です。
 2つ目は、より実存的なものです。ゲイやレズビアン、トランスジェンダー、クィアの旅行は、常にLGBTQ以外の人々よりもリスクが高くなります。約70の国連加盟国が、同性の成人の間での合意に基づく性行為を犯罪と見なしています。さらに、ゲイコミュニティにHIV/AIDSが及ぼした残忍な歴史は「ゲイコミュニティがメインストリームの人々とは異なる方法でリスクを捉えている」ことを意味している、とBurn氏は述べています。
「考えてみれば、私たちは、ゲイであるために殺される可能性がある国に人々を派遣しています。これらの国ではゲイであることは違法ですが、それでも人々は私たちのアドバイスに従って旅行するでしょう」と、海外のホテルで同性パートナーとのダブルベッドの使用を断られた後に自分で会社を設立することを決意したBurn氏は語りました。
「一般的に言って、私たちのマーケットは、旅行に際して、より困難を恐れない傾向が高いということは確かです」
 
 LGBTQ旅行者にリーチしたい企業の著者兼コンサルタントであり、ニューヨーク大学の観光・ホスピタリティスクールの副講師を務めるEd Salvato氏は、以下のように語っています。
「高レベルの詳細な情報とリスク評価を提供するLGBTQ専門の小さなツアーオペレーターや旅行代理店と、クライアントであるLGBTQコミュニティの間には、すでに高い信頼が築かれています」
「コロナウイルス対策の基盤がほとんど揃っており、人々はすでにLGBTQ旅行をプラニングしています。『ウイルス対策と教育』が私たちが取り組もうとしているマーケティングのひとつであると言えます」

「LGBTQ旅行」というと、関連する画像、マーケティング、さらには統計が、ゲイ男性のことを参照していることがよくあります。しかし、『Every Queer Magazine』の講演者であり編集者であり創設者であるMeg Ten Eyck氏は、旅行はゲイのアイデンティティだけでなく、コミュニティ全体に組み込まれていると述べています。彼女はその理由を以下のように語ります。
「旅行は私たちの文化に組み込まれています。ほとんどのLGBTQの若者は、非常に親しみやすく肯定的な家庭で育っているわけではなく、通常は小さな都市や田舎に住んでいます」
「多くの人々が、年をとるにつれて、より大きな都市または彼らに近い最も受け入れられている地域に集まります。プライドのために旅行することさえ… 私たちにとって旅行は文化の一部になっています」
 彼女はまた、旅行需要が一様には回復しない可能性がある、と付け加えました。
「あなたが疎外されているほど、旅行が困難なものになります。これらにアイデンティティを組み合わせると、旅行するのがさらに難しくなります」
「だから私は、寄り添い合って生活しているLGBTQコミュニティの大多数にとっては、旅行がすぐに回復するだろうと思います。その中でも、人口統計の相対的な特権で、ゲイ白人男性の旅行が最も早いのではないかと考えています」

 Salvato氏も同様に、再び旅行に行きたいというコミュニティの願望を確信しています。
「クィアのDNAには旅行の遺伝子が深く刻み込まれており、パンデミック以前と同様、旅行の需要は必ず戻ってくるはずです」




参考記事:
Why the LGBTQ Community May Be the First to Travel Again(Skift)
https://skift.com/2020/05/27/why-the-lgbtq-community-may-be-the-first-to-travel-again/


よく見られている情報