LGBT研修

LGBT研修

企業・団体・自治体などを対象に、2017年から毎年年間200件を超えるLGBT研修を実施してきました。基礎知識研修だけでなく、相談員研修、採用担当者研修など幅広いニーズにお応えできます。
対面(リアル)、オンラインどちらのスタイルでも研修が可能です。

対面(リアル)研修風景
オンライン研修風景

OUT JAPANの研修の特徴

1.LGBT当事者とアライの視点からの講義

LGBT研修の中でLGBT当事者から具体的なエピソードやどんなことに悩んでいるのかを知ることはとても大切です。一方、企業の立場からLGBTに関する取組みをはじめる意義や目的、取り組まずにいることで生じる損失やリスクを知ることも大切です。LGBT当事者と企業との間の架け橋として正しい知識や情報、生き生きとした<体験>を提供することを大切にしています。

2.様々な研修プログラムをオーダーメイド

LGBT基礎知識研修、採用現場での配慮を学ぶLGBT研修、LGBT当事者とのトークセッション、LGBT関連映画の上映と講演をセットにしたLGBTイベントなど、目的・対象者・時間・場所などご要望に応じて様々なプログラムを行うことが可能です。

3.多様なLGBT当事者スピーカーとの連携

多様なセクシュアリティ/年代/ライフスタイルのLGBT当事者とのつながりを活かし、ライフヒストリー講演・LGBT当事者とのトークセッションなどのアレンジが可能です。

4.LGBTに関する様々な専門家との連携

法律/採用/性同一性障害/LGBTマーケティングなど、様々な専門家と連携した専門性の高い研修が可能です。

5.LGBTコミュニティとの連携

アウト・ジャパンはLGBTコミュニティとの連携を大切してきました。その人脈を活かし、多様なセクシュアリティかつ、様々な年代の、様々なバックグラウンドやライフスタイル(就職・転職・結婚・同性パートナーとの同棲や介護・性別適合手術など)を持つLGBT当事者の方にご協力いただくトークセッションなどの実施が可能です。
LGBTを理解・受容し、支援的に行動できるアライになるためには、学び(知識)と共感(接触)の積み重ねが重要です。LGBTの知識を学んだ上で実際にLGBT当事者とコミュニケーションを取り、どのようなことに困っているのか、どんな配慮をうれしいと感じるのかを聞くことで、アライとして熟達していくことができます。
LGBT当事者とのトークセッションやライフヒストリー講演は、LGBT基礎知識がある方を対象に、「生の声」を聴く機会として実施しています。

弊社の研修がどのような雰囲気か気になるというお声をよくいただいております。
研修や講師の雰囲気を掴んでいただくために無料のセミナーを随時開催しております。
お気軽にご参加ください。

研修プログラム例

◎LGBT基礎知識研修

一番ニーズの高い研修です。

LGBTとは?という基礎から学べるLGBT基礎知識研修です。知識としてのLGBTはインターネットや本からでも学ぶことは可能です。しかし、アライになるためには、LGBTに関する知識を得て「理解」するだけでなく、あたかも自分事のように引き寄せて考え(エンパシーと言います)、行動変容を促すことが重要です。弊社の研修では、「性自認」などなかなか理解が難しい概念を、ワークを取り入れながら自分で考えながら理解できるよう進めていきます。また、LGBTに関する状況は日々変化しています。最新の国内外の情勢についても情報提供し、企業がLGBTに取り組むべき理由をお話しています。

 事例:多数あるので、活動実績ページをご覧ください。
(2017年以降毎年、年間200回以上実施)

◎LGBT相談窓口対応研修

社内にLGBT相談窓口を設置する企業が増えてきました。しかし、LGBT当事者にとって社内の相談窓口の利用はハードルが高いと言われています。その理由は「社内でカミングアウトしていないため、相談しづらい」「相談員が本当にアライなのか、何かがっかりする対応をされるのではないかと、不安を覚える」といったことが挙げられます。相談窓口対応研修では、LGBT当事者が相談しやすい環境づくりのために、LGBTの基礎知識、相談対応のポイントを学んで頂いています。

 事例:味の素株式会社
  • 自社でのLGBT相談窓口開設にあたり、相談員が対応ができるようにLGBTの基礎知識を学ぶ
  • 性別適合手術が保険適用になることを受け、今後相談が増えると思われる性同一性障害についての基礎と対応事例を学ぶ
といった狙いで研修を行いました。

オープンセミナー「採用現場におけるLGBTのリアル」

日本初のLGBT求人サイトを運営するJobRainbowの星賢人さんをゲスト講師に迎え、LGBT当事者が就職活動・転職活動、働く上でどんなことに困っているのか、どんな配慮を求めているのかなど、採用に特化したお話をしていただきました。

詳しくはこちら 

特別セミナー「LGBTマーケティング最前線」

国内のLGBTマーケティングにおいて傑出した成果を上げている株式会社LGBT総合研究所と業務提携を締結したことを記念した特別セミナーでは、大規模調査から見えてきたLGBT消費の最新動向、LGBTマーケティングの具体的事例をお話いただきました。

詳しくはこちら 

「Freedom to marry」「カランコエの花」「パレードへようこそ」映画上映会、トークセッション

知識や情報を伝える研修だけなく、LGBTをテーマにした映画とトークセッションを組み合わせたイベントなども実施しております。

講師

屋成和昭

屋成和昭

株式会社アウト・ジャパン 代表取締役
約20年にわたり、新卒採用コンサルティングを行うベンチャー企業にて数多くの企業の採用活動に携わる。2016年にLGBT採用支援を行う新会社の立ち上げに関わることで、企業にとってLGBTに配慮しないことがいかに損失を生んでいるかを実感。「より多くの企業様にLGBTダイバーシティを広めたい」と、株式会社アウト・ジャパンへ入社。現在は大手企業から中小・ベンチャー企業まで幅広くLGBTダイバーシティのコンサルティングに携わる。

◎おすすめポイント

『職場のLGBT読本』『LGBTIの雇用と労働』『はじめよう!SOGIハラのない学校・職場づくり』の著者である後藤純一より
後藤純一

多くの研修はアライである屋成が講師を務めています。屋成は数年前までLGBTのことなどまるで知らない、無神経な言葉を発してしまう典型的なストレート男性でしたが、あるとき、友人からゲイであるとカミングアウトを受けて、自分が今まで「彼女いないの?」と親切で言っていたことが仇になっていたことを反省したといいます。ものすごく能力が高いわけではない、どこにでもいるような人間ではありますが、だからこそ、どんな人でもアライになることができる、と、時には「しくじり先生」の役割も演じながら、研修会場に集まってくださった方に熱く語りかけるのが、屋成スタイルです。
詳しくはコラム「LGBT研修とは」をご覧ください

LGBTインタビューメディアサイトであるLGBTERより

「毎日発見」。未知のことにワクワクできる人だ。
屋成さんと話していると青写真がカラフルに変わる。
できそうな気がしてくる。

LGBTERに講師の屋成のインタビュー記事が載っております。
ぜひご覧ください。

LGBTERインタビュー

お問い合わせ

ご要望に応じて様々なプログラムの実施が可能です。
まずはお問い合わせください。

ジョブレインボー
レインボーグッズ