LGBT関連ニュース

同性カップルの住所を住所を無断で公開し、問題視された三重県議が、県議会から追及を受けて謝罪しました

記事日付:2021/04/22

 三重県議会の小林貴虎県議(自民党三重県連青年局長)が、自らのブログで、同性カップルの住所などを3月30日から1週間にわたって無断で公開していたことが「差別や偏見をあおりかねない」などとして問題視され(三重県では4月1日からアウティングを禁止する条例が施行されています)、県議会が経緯を調査するとともに、代表者会議を開き、説明を求めていましたが、4月21日、小林県議は「不適切だったと認識している」とし、謝罪しました。また、被害者であるカップルにも「直接会って謝罪したい」と述べました。
 

 事の発端は、今年の3月に入り、小林議員が同性カップルの権利保障について「地方のパートナーシップ制度は国を追い込むための戦略。こう言う一部の人の政治的思惑のために当事者は利用されているんじゃ無いだろうか」「なぜ婚姻と同等の「制度」を求めるのかわからない。愛がどうのこうのって話なら、お互いが愛し合っていればそれでよいのではないか? 婚姻と同等の権利をよこせと言うことなら、同等の責任を果たさねばその資格はないでしょう」などとTwitterに投稿したことです。これに対し、伊賀市の同性パートナーシップ証明制度導入を機に三重に移住してきたゲイカップルが、趣旨や詳細について説明を求める公開質問状を3月15日、小林県議の事務所宛てに送りました。すると、小林県議は、30日に更新した自身のブログで「一方的に質問を突き付け回答を『要求』する姿勢は非常に攻撃的で敵意を感じます」などと書き、封筒の表と裏(氏名と住所)を撮影した写真を載せました。
 ブログの内容を知ったお二人は翌31日、自民党県議団の部屋を訪れ、小林県議に自宅住所を掲載しないよう求めましが、小林県議は「削除を求めるなら公開質問状を取り消すべきだ」と拒み、住所については「送付者が自らの意思で記載し送付したもの」であり、地方公務員法で守秘義務が定められた「職務上知り得た秘密ではない」などと主張しました。
 お二人は、本名で活動し、運営するオンラインショップに事務所の住所として自宅の住所を載せていたりもしますが、それでも「悪意を持った人に拡散されるかもしれず、とにかく怖いです」「私たちが自ら住所をオープンにするのと、敵意を基に意思に反してさらされるのは趣が全く違います。個人情報の公開で威圧されたように感じました」と語り、4月1日には公開質問状を取り下げました。(お二人のもとには実際、非通知のいやがらせの電話が何十件もかかってきて、通院が必要なほど精神的なダメージを受けたそうです)
 小林県議は毎日新聞の電話取材に対し、「公の場で議論をしようと投げかけた以上、覚悟があって当たり前だろう」などと述べ、住所の画像を削除せず、メディアやSNS上でも非難の声が高まりました。住所の画像が削除されたのは、三重県議会の議長と副議長が経緯を調べる考えを示した4月5日のことでした。

 女性自身「弁護士語る同性カップル住所無断公開の違法性「名誉棄損や脅迫にも」」では、弁護士の方たちが、「自分の価値観に合わない、カッときたから短絡的に連絡先の情報までネットに拡散させてしまうのは公人としては不適格です」「連絡先がツイッターで流されたことから、嫌がらせの電話が掛かってきているということです。この県議のやったことはこうした事態を招いたという点では責任重大です」「住所は個人情報の中でも大事なものです。本人の承諾なく載せることはプライバシーの侵害に当たります。小林議員の行為は正当化できません」と指摘したのを受け、県議でありながらの「憲法違反」にどう向き合うつもりなのだろうか…と述べられています。

 6日には伊賀市の岡本栄市長が「明らかに人権侵害だ。許されない」と厳しく批判し、抗議する意向を明らかにしました。
 三重県議会は14日、代表者会議(議長、副議長、会派の代表者等が協議または調整を行なう会議)を開き、小林県議に説明を求めることで合意しました。また、自民党県議団の津田団長が「写真の削除要請があった時点で速やかに削除すべきだった」などと述べ、議会運営に大きな支障をきたしたとして関係者に謝罪しました。この会議では、政治倫理審査会(政治倫理の確立のため、議員が「行為規範」その他の法令の規定に著しく違反し、政治的道義的に責任があると認めるかどうかについて審査し、適当な勧告を行う機関)の設置も提案されました。
 19日に再び代表者会議が開かれ、この場で小林県議への聞き取りを21日に実施することが決まりましたが、政倫審の設置については賛否が分かれ、小林県議に対する聞き取りの結果を踏まえ、改めて検討されることになりました。
 そして21日、小林県議が代表者会議に出席し、「多くの方々から『住所の公開は必要なかったじゃないか』という意見を伺ったし、会派の団長からも『あなたも議員なんだから不適切だ』と注意を受けてその通りだと思っている。申し訳ございませんでした」と述べ、頭を下げました。県議は、直ちに削除要請に応じなかったことや質問状の取り下げを要求したことについては「私の未熟さゆえ」などと答え、削除へと考えが変わったことについても「先輩議員から指導を受けた」などと自身の考え方は曖昧にし、「不適切だった」と繰り返しました。「今回の行為は明らかに人権侵害だが、認識はあるのか」と尋ねられると、県議は「どの辺りが人権侵害なのかよくわからない。返答しかねる」と答えました。こうしたやりとりの後、「説明が不十分」とする意見が多数を占め、小林県議が所属する自民党県議団で、責任の取り方や人権侵害についての認識などについて再検討することになりました。検討結果の報告を受け、継続審議となっている政倫審の設置について改めて協議されます。

 肝心の、被害者であるカップルへの謝罪について、小林県議は「直接会って謝罪したい」との考えを示しました。これに対し、カップルは「小林議員が県議会で謝罪したことは知っているが、直接お会いするかどうかは慎重に考えたい」と語ったそうです(通院が必要なほど精神的に追い詰められたわけですから、会うこと自体、心理的負担になりますよね…心中お察し申し上げます)
 お二人が一日も早く精神的苦痛から解放され、元のように平穏に暮らせる日が戻ってくることを祈ります。
 



参考記事:
同性カップルの住所を三重県議がブログで公開 質問状に反論(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20210404/k00/00m/040/127000c
住所と名前を三重県議に公表された同性カップルが激白「電話が鳴り続けて精神的に病んでしまった」〈dot.〉(AERA)
https://dot.asahi.com/dot/2021040500077.html
伊賀市長「住所公開は人権侵害」 三重県議に抗議、性的少数者巡り(共同通信)
https://this.kiji.is/752075376049504256?c=39546741839462401
弁護士語る同性カップル住所無断公開の違法性「名誉棄損や脅迫にも」(女性自身)
https://jisin.jp/domestic/1970173/
住所無断公開、三重県議が謝罪(共同通信)
https://this.kiji.is/757423781978013696?c=39546741839462401
「未熟だった」と謝罪 同性カップル住所をブログに無断で公開した県議会議員(CBCテレビ)
https://hicbc.com/news/article/?id=00050DC1
同性カップルの住所公開、県議が謝罪「会派の団長からも注意」 カップルには不審電話相次ぐ(名古屋テレビ)
https://www.nagoyatv.com/news/?id=006279
同性カップルの住所無断公開、三重県議「不適切だった」(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASP4P5J5LP4PONFB00J.html
同性カップル住所公開の三重県議 削除は「先輩議員からの指導」(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20210422/k00/00m/040/015000c

ジョブレインボー
レインボーグッズ