LGBT関連ニュース

「PRIDE指標2021」について、加点方法が見直されるほか、「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」に加えて「レインボー」が新設されることなどが発表されました

記事日付:2021/02/19

 今年で6回目を迎える「PRIDE指標2021」について、加点方法が見直されるほか、「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」に加えて「レインボー」が新設されることなどが発表されました。
 

 任意団体「work with Pride」(以下、wwP)が策定している企業の社内LGBTQ施策の評価指標「PRIDE指標」。年を追うごとに参加企業も、最高評価の「ゴールド」を獲得する企業も増えており、昨年の「PRIDE指標2020」では、応募企業の79%がゴールド認定となりました。
 今年の「PRIDE指標2021」では、さらに取組みの領域を広げていただくため、応募企業の達成度の高い「P: Policy 行動宣言」「I: Inspiration 啓発活動」「D: Development 人事制度・プログラム」の項目の加点方法を、下表の通り見直しました。
 

 また、日本社会でのLGBTQに関する理解促進や権利擁護において、企業や団体が果たす役割や存在感が増していることも視野に入れ、国・自治体・学術機関・NPO/NGOなどとのセクターを超えた協働を推進する企業を評価する「レインボー」認定が新設されることになりました。下記の3点を満たすことが認定条件となります。
1)「PRIDE指標2021」においてゴールド認定を獲得していること。
2)日本におけるLGBTQに関する法制度の実現に、企業・団体として公に賛同表明していること。
(婚姻の平等を実現する法制度の実現、LGBTQに対する差別を禁止する法制度の実現など、少なくとも1つに賛同表明していること)
3)LGBTQに関する理解促進や権利擁護のために、自社・自団体のみならず、セクターを超えた主体と協働するコレクティブ・インパクト型の取組みを推進していること。(取組みの審査にあたっては、NPO法人ETIC.に協力をいただく予定です)

 これら、今年のPRIDE指標に関する加点方法の見直しや新たな認定カテゴリーについて、2月25日(木)9:00-10:00、オンライン説明会が開催されます。

『PRIDE指標2021』オンライン指標説明会 
日時:2021年2月25日(木)9:00-10:00
配信方法:wwPのYouTubeチャンネルにてYouTubeライブ配信(後日、アーカイブ映像が公開される予定です)

   
◆「PRIDE指標2021」評価対象期間
 指標内に特別の記載がない限り、原則として2020年12月1日~2021年12月31日の13ヶ月間における取組みまたは状況が評価対象となります。
 応募締切(2021年8月31日)から2021年12月31日までに実施される予定の取組みや施策も対象となりますが、応募の際、「予定」と記載していただきます。

◆「PRIDE指標2021」スケジュール
2021年7月1日:募集開始
2021年8月31日:募集締切
2021年9月1日:採点開始
2021年9月30日:採点終了
2021年10月中旬(予定):表彰企業決定および通知
2021年11月(予定):「work with Pride 2021」カンファレンスにて、結果およびベストプラクティス発表

※応募フォームは、2021年7月1日からwwP公式サイトにてダウンロード提供される予定です。

 
参考記事:
職場でのLGBTQに関する取組を評価する『PRIDE指標2021』、加点方法の見直しを発表。国の法整備支持、コレクティブ・インパクト型の取組を進める「ゴールド」受賞企業に、「レインボー」の評価を新設。(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000019571.html

ジョブレインボー
レインボーグッズ