OUT JAPAN Co,.Ltd.

お問い合わせ

LGBT関連ニュース

熊本市で「パートナーシップ宣誓」第1号カップルが証明書を授与されました

記事日付:2019/08/09

 昨年12月に同性パートナーシップ証明制度の導入を発表し、今年4月から「熊本市パートナーシップ宣誓制度」をスタートさせた熊本市で8月8日、同制度を利用する第1号の同性カップルへの証明書授与が行われました。

 第1号カップルとなったのは、熊本市西区に住む22歳の女性と23歳のトランスジェンダーの方(戸籍上の性別は女性で、性自認は男性だそうです)のお二人。中学の同級生で、今年から交際を始めたといいます。
 熊本市役所で行われた交付式で「お互いをその人生のパートナーとすることを宣誓します」と述べ、多野春光副市長から受領証を手渡されました。副市長は「お互いに協力して励まし合い、楽しい人生を歩んでほしい」と祝福しました。
 お二人は、「男女のカップルと同じように関係を認めてもらい、安心感がある」と喜びを語りました。
「うれしい限りです本当に。こういうことって今後もないんじゃないかとあきらめていた。自由に暮らせるように世の中が変わるきっかけになるといいなと思います」
 お二人は、今は別々に暮らしていますが、この制度を利用すれば市営住宅にも申し込めると、今後の生活に期待を寄せました。
 一方でお二人は、同性カップルについての世間の理解がまだ足りないと感じていて、この制度が理解を深めるきっかけになれば、と話しました。
「いろんな幸せの形がある」
「自分たちだけで幸せに暮らすというのが、今はそれしかないのかなと。(周囲の)認識がどう変わっていくかというのが今後の課題だと思います」

 熊本市パートナーシップ宣誓制度は、ともに満20歳以上で独身であることなどが条件で、申し込んだカップルには、親族に限定されている市営住宅への入居申し込みが認められるそうです。

 
 
 
 

参考記事:
熊本県内初 パートナーシップ宣誓制度のカップル誕生(RKK)
http://rkk.jp/news/backno_page.php?id=NS003201908081802350111
熊本市が同性のパートナー初公認 「いろんな幸せの形ある」(共同通信)
https://this.kiji.is/532120097272415329?c=39546741839462401
熊本市で「パートナー宣誓」第1号 2人「認められ安心感」(西日本新聞)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/533888/

よく見られている情報