OUT JAPAN Co,.Ltd.

お問い合わせ

LGBT関連ニュース

韓国のモデル・歌手、ソム・ヘインがバイセクシュアルであることをカムアウト

記事日付:2019/08/13

 韓国Mnet「アイドル学校」出身のモデル兼歌手のソム・ヘインが7月31日、バイセクシュアルであることをカムアウトし、注目を浴びています(ポータルサイトのリアルタイム検索語で1位となったそうです)
 
 ソム・ヘインは1996年生まれ(現在23歳)。2017年、韓国の音楽専門チャンネルMnetのオーディション番組「アイドル学校」に出演しましたが、第1回が放送された直後、女優ハ・ヨンスに似たルックスで注目を集めましたが、「私は実力不足」「体調もよくない」として、降板していました。その後、日本でモデル兼歌手として活動。今年5月には韓国でシングル「MINI RADIO」をリリースしました。
 去る7月31日、ソム・ヘインは自身のSNSに、恋人とみられる女性の頬にキスする写真などとともに「実は私にはとてもとても美しい女性の恋人がいます。I'm bisexual. And I have girlfriend!」「私の彼女は、ショートカットヘアー。それが彼女のスタイル。私の恋人が男か女か聞かれるのは、恋人として残念です」と投稿し、バイセクシュアルであることをカムアウトしました。
 一部のネットユーザーからは「お前の人生が可哀想だ…。両親は知っているのか?」というコメントが上がり、彼女は「(両親は)知っています。そして私は、まったく可哀想ではありません。 本当に幸せです」とリプライしました。心配するファンに対して「大丈夫です! 心配、応援など全てありがとうございます。本当にありがとう」とのお礼のコメントも投稿しました。
 さらに、「売名行為だ」などといった悪意あるコメントが上がっていることに対して、ソム・ヘインは「私の愛は悪いことではないのだから、堂々とカムアウトしたのであって、目立ちたいからカムアウトしたわけではありません。世の中にはいろんな考え方の人がいて、同性愛を嫌悪する人もいます。嫌悪してもいい。それはそれぞれの価値観。同性愛への理解を強要するものではありません。ただ、人々と同じように恋愛し、愛することを隠しくなかっただけです。それに、いったい誰が、軽い気持ちでカムアウトするものでしょうか」と書き込みました。「私は、家族や友人が傷ついてほしくないし、守っていく義務があると思っています。この先も憶測での記事や文章、動画が投稿されれば、法的な対応も検討します」
 

 韓国の芸能界には、2000年にゲイであることをカムアウトしたホン・ソクチョン(ホン・ソクチョンはカムアウト後、芸能界を干され、辛酸を嘗めました。テレビに再び出られるようになったのは2007年頃です)、2001年にブレイクしたトランス女性のハ・リスという偉大な先人がいます。
 一方、2008年には、トランス女性のチャン・チェウォンとゲイのキム・ジフが相次いで自殺し(両者ともネットでの誹謗中傷を苦にした自殺です)、衝撃を与えました。韓国でのLGBTへの風当たりの強さをまざまざと浮き彫りにしました。
 韓国初のオープンリー・ゲイのアイドル「Holland(ホランド)」がデビューしたのは、2018年のことです。近年、若い世代を中心に、ホモフォビアやトランスフォビアのないLGBTフレンドリーな人々が増えていることが背景にあると見られています。そんななか、シスジェンダー女性として初めて、ソム・ヘインがカムアウトを果たしました。今後さらに、LGBTのタレントが登場し、活躍していくのではないでしょうか。
 
 
 
参考記事:
「アイドル学校」出演ソム・ヘイン、突然のバイセクシャルを告白…インスタで同性の恋人を公開(Kstyle)
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2123570
バイセクシャル告白し話題の韓国人ソム・ヘインとは? 日本でもモデル・歌手として活動(WOW! Korea)
https://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0813/10239771.html
バイセクシャル告白のソム・ヘイン、悪質なコメントに「法的対応」を示唆(WOW! Korea)
https://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0813/10239768.html
同性愛を告白した韓国女性アイドル..「本当に幸せだよ」(Danmee)
https://danmee.jp/knews/k-pop/idol-homosexuality/

よく見られている情報