OUT JAPAN Co,.Ltd.

CONTACT US

LGBT関連ニュース

Googleがストーンウォール50周年のプライド月間を祝福する特別なDoodleをプレゼントしてくれました

記事日付:2019/06/04

 Googleは毎年、プライド月間のスタートとともに、LGBTQコミュニティをセレブレイトするような検索画面のデザイン(LGBTと検索するとレインボーカラーのバーが表示されるなど)を見せてくれていましたが、今年は、ストーンウォール50周年を祝し、パレードの50年をビジュアル化するDoodle(トップページのGoogleのロゴが、記念日などに特別なデザインに変えられるもの)が登場しました。

 Googleを開くと、ロゴがレインボーカラーとパレードを歩く人々でデザインされたDoodleが表示されます。その真ん中の再生ボタンを押してみましょう。まず、1969年のストーンウォール・インが現れます。ストーンウォール暴動で先頭に立って警官と戦った英雄であり、ゲイ解放運動(およびトランスジェンダー支援)のアイコンであるマーシャ・P・ジョンソンとシルヴィア・リヴェラの姿が右側に大きく描かれているのが胸熱です。さらに進むボタンを押すと、クリストファー・ストリートの文字が見えて、1979年のパレードのビジュアルになります(マーシャが「おいでよ、こっちだよ」と言っているようです)。1989年、1999年と進むにつれて参加者も増え、だんだん派手になっていき、色合いも紫から青、緑へと変わっていき、最後の2019年はレインボーカラーで、盛大なお祭りのような感じになっています。
 


 併せて、「LGBT」や「PRIDE MONTH」で検索すると、プライド発祥の地であるNYの「ストーンウォール・イン」からレインボーカラーの紙吹雪が飛び出して、日本やパリやブラジル…世界各地へとひらひら舞い散っていく様を描いたオリジナルのイラストが表示されるようになっていて、素敵です(ぜひ検索してみてください)


 なお、「ストーンウォール・イン」はオバマ大統領時代に国の史跡に指定されました。今年、マーシャ・P・ジョンソンとシルヴィア・リヴェラが、ニューヨーク市によってその功績を称えられ、「ストーンウォール・イン」の近くに2人のモニュメントが登場することになっているそうです。
 

よく見られている情報