OUT JAPAN Co,.Ltd.

お問い合わせ

LGBT関連ニュース

第20回ソウル・クィア・パレードに8万人が参加、前夜にはピンクドットも初開催

記事日付:2019/06/01

 2019年5月31日(金)、ソウル・クィア・カルチャー・フェスティバル(SQCF)の第20回開催を記念して特別に、韓国で初めて「ピンクドット」※が開催されました。
 ソウル市庁前広場には約8000人のLGBTQが集い、巨大なモニターが設置された本格的なステージには、11人の大使が登壇して「多様性と平等を祝福します」などとスピーチしたり、包括的差別禁止法を求めてLGBT団体・女性団体・労働者団体・障害者団体の人が共同でスピーチしたり、地元のアーティストがライブを披露したり、ドラァグクイーンのショーが繰り広げられたりしました。
 最後には、みんなでピンクのペンライトを点灯して上空から記念撮影したあと、出演者みんなで「Born this way」でパフォーマンスしたり、参加者もステージ前に集まってクラブのような感じで盛り上がり、金色の紙吹雪が噴射され、華やかなフィナーレとなりました。
 
※ピンクドット:パレードが禁止されているシンガポールで始まったイベントで、広場にピンクの服を着て集まり、ピクニックを楽しみながら、LGBTが生きやすい社会を願い、社会にアピールするイベントです。日本でも「ピンクドット沖縄」が那覇市で行われています(今年は9月1日開催です) 
 

 そして6月1日(土)、今年で第20回を数えるソウル・クィア・カルチャー・フェスティバル(SQCF)のパレードが、ソウル市庁前広場で盛大に開催されました。会場には8万人が集い、7万人がパレードを楽しく歩きました。
 今年のテーマは「The 20th Leap for Equality(20回目の跳躍、平等への挑戦!)」。2000年にわずか50人で始められたソウルのパレードですが、地道に毎年続けられてきて、とうとう、20回目を迎えました。2014年にはアンチ派(保守系宗教団体)の人々が道路に寝そべるなどしてパレードを妨害し、大変な大混乱となりましたが、翌年からは、警察がそうした人たちから守ってくれるようになり、スムーズにパレードできるようになりました。
 パレード前後の集会では、そんな20年のヒストリーを映像とともに振り返る場面もありました。そして包括的差別禁止法の制定だったり、(先進国で唯一)兵士の同性愛が犯罪とされていることへの抗議だったり、同性パートナーの権利だったりを訴えるようなコーナーもあれば、地元のドラァグクイーンや女の子のラップ集団、ビジュアル系バンドなど、いろんな方たちがステージでパフォーマンスを披露するコーナーもありました。
 広場には何十もの団体やサークル、大使館のブースが軒を連ね(企業はGoogleとLUSHだけでした)、みなさん熱心に見て回っていました。
 16時頃、パレードがスタート。とにかくアンチ勢力に負けず、大勢で歩き、パワーを見せつけることがメインという印象で、した。主催者発表の7万人~8万人という数字は全く大げさではなく(盛ってないと思います)、台北とあまり変わらないのでは?と思うくらい、人、人、人…圧倒的な人数でした。大多数の方は、K-POPに合わせてドラァグクイーンや男の子がダンス・ショウを披露するフロートでいっしょに歌ったり踊ったりしながら、アイドルのライブかゲイナイトかみたいなノリで激しく盛り上がっていました。 
 今年初めて、600年超の歴史を誇り韓国にとって非常にモニュメンタルな場所である光化門の前をパレードの一団が通ったということも、歴史的なことだったそうです。

 

 なお、これまで、SQCFに協賛するなど韓国でLGBT支援を表明してきた企業はGoogleやLUSHなどの外資系企業だけでしたが、今年初めて、韓国を代表するビール「CASS」で知られるOBビール社が、CASSをレインボーカラーにデザインしたビジュアルとともに「今年で20回、堂々として自信に満ちたあなたのカラーを応援します!」とのメッセージを発表したことが、地元のLGBTコミュニティで話題になっていました。
 

 日本にいると、台湾が何と言っても東アジアNo.1で、パレードも台北がいちばん盛り上がっているというイメージを持たれがちですが、実はパレード自体の盛り上がり(フロートのクオリティ)はソウルのほうが上です(なんたってK-POPの本場ですから)。一方で、韓国という国のLGBT事情はなかなか厳しいものがあるため、東京レインボープライドなどは連帯の意味で毎年フロートとブースを出展し、ソウルのLGBTコミュニティを応援しています。
 来年以降、(韓国好きな方など)もし都合が合えば、台北だけでなく、ソウルのパレードにも参加してみてはいかがでしょうか?
 

よく見られている情報