OUT JAPAN Co,.Ltd.

お問い合わせ

LGBT関連ニュース

同性婚訴訟は2月14日に決定、公式サイトなどもリリース

記事日付:2019/01/21

 同性婚を認めないのは憲法が保障する「婚姻の自由」や「法の下の平等」に反するとして、全国各地の同性カップルが一斉に提訴するとお伝えしていましたが、日付が2月14日で決定したそうです。2月14日に一斉提訴するのは、札幌のカップルが3組、東京が6組、大阪が3組、名古屋が1組で、計13組となるそうです。

 訴訟を支援する団体「Marriage For All Japan- 結婚の自由をすべての人に」のWebサイトも開設され、提訴に向けて署名キャンペーンがスタート。提訴後は、支援者に向けた報告会も開催されます。
 
 これに関連して、訴訟の弁護団を中心とした団体「Marriage For All Japan - 結婚の自由をすべての人に」が1月21日、東京都渋谷区のTRUNK HOTELでイベントを開催しました(100人の定員が満員となりました)。冒頭、同団体代表で弁護士の寺原真希子さんから、一斉提訴の期日が発表されました。
「愛を誓い合う日、2月14日のバレンタインデーに、全国で一斉に提訴します。 好きな人と一緒に生きたいと思うすべての人たちが、お互いの愛を誓い合って、幸せに暮らして欲しい。そんな願いをこめて、このバレンタインデーという日に決めました」
「誰もが偏見を気にすることなく愛を交わし、望む場合には結婚という形で法的保護と社会的承認を得ることができる、そんな当たり前の社会を実現させます。 同性愛などの方々がその尊厳を取り戻す闘いが、今、始まります。ぜひ多くの方々と一緒に考えて、盛り上げていけたらと思っています」

 原告となる同性カップルのうち、少なくとも3組以上がすでに婚姻届を役所に提出し、いずれも不受理の見通しで受け付けられました。

 25年間、パートナーとして共に暮らしている東京都中野区の大江千束さんと小川葉子さん(中野区の同性パートナーシップ承認第1号カップルです)は、「私たちの横では、男女のカップルが嬉しそうに婚姻届を出されていました。当たり前ですが受理されて、家族として新しい戸籍ができるわけです。そこに平等はないんだなと、わかっていながらも、現場で突きつけられた感じはありました」と語ります。

 埼玉県川越市で婚姻届を提出した古積健さんと相場謙治さんは、NHKの取材に対してこう語りました。「声をあげたいけどあげられない人がたくさんいるなら、自分たちができることをしたい。バッシングもあるかもしれませんが、誰かがこういうことをしないと動いていかないと思うので、自分たちが盾となって進んでいきたいと考えました」

 中島愛さんは昨年、ドイツで、クリスティナ・バウマンさんと婚姻届を提出し、結婚しました。しかし、日本で今月16日に提出した婚姻届は、不受理の電話連絡が来ました。学生のバウマンさんは結婚による永住権が取れず、学生ビザで日本に滞在しています。中島さんは、「一緒に住むことすら許されない。日本国民に対する侮辱です」と訴えました。

 訴訟では、以下の点を理由に国を訴え、その中で「憲法が同性婚をどのように位置付けているか」が争われることになります。
(1)同性婚が認められていない現状は憲法が保障する「婚姻の自由」を侵害し、「法の下の平等」に反しているにも関わらず、国は、同性カップルが結婚できるように法律を整備することを怠っている状態だ(立法不作為)
(2)それにより、同性カップルは不利益を被っている。これは憲法上の人権を侵害しており違法だ。そのため国は賠償すべき(国家賠償請求)という請求だ。
 上記の点を判断するために、憲法24条「婚姻の自由」や、憲法13条の「個人の尊厳」と「幸福追求権」、さらに憲法14条の「法の下の平等」との関係で、同性婚がどのように位置付けられるかが争点となります。

 歴史的な、同性婚の合憲性を問う日本で初めての訴訟が、もうすぐ始まります。
 約30人の弁護団が、味方です。
 これまでどれだけ愛し合っても家族と認められず、男女の配偶者であれば認められる1000近い権利(相続や税制上の優遇、遺族年金など)が一切なく、ひどい場合はパートナーの死に目にもあえず、お葬式にも立ち会えず、住んでた家も追い出され、共同で買った財産も親族に持って行かれ…といった悲劇が、繰り返されてきました。遺された方は、何も言わず、ただ泣き寝入りを余儀なくされるだけ…そんな時代を、もう終わりにしよう、ただ愛した人が同性だというだけでこんな差別を強要する国の制度を変えていこう、という気持ちはあるけど、とてもじゃないけど世間にカミングアウトできないし…そんな気持ちの当事者の方も少なくないと思いますが、こうしていま、勇気をもって立ち上がった方たちがいます。ぜひ、一緒に応援していただければ幸いです。 
  


参考記事:
同性婚訴訟、2月14日に全国一斉提訴へ(ハフィントンポスト)
同性カップル国家賠償請求へ(Niftyニュース/日刊スポーツ)
「同性婚認めないのは憲法違反」 道内3組など国を提訴へ(北海道新聞)

よく見られている情報