OUT JAPAN Co,.Ltd.

CONTACT US

LGBT関連ニュース

ケヴィン・ハートが同性愛嫌悪発言でアカデミー賞の司会を降板 

記事日付:2018/12/10

 アメリカのコメディアン・俳優、ケヴィン・ハートが12月6日、ホモフォビア(同性愛嫌悪)をあらわにした過去の発言に対する批判を受け、2日前に決まったばかりのアカデミー賞授賞式のホスト(司会)という大役を辞退することを表明しました。

 ケヴィン・ハートはコメディアンとして人気を博し、俳優としても映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』など多くの映画に出演してきました。4日にアカデミー賞授賞式のホスト役に選ばれたことを発表し、「長年の目標の一つだった」と喜んでいました。
 しかしその後、2009年から2011年にかけて、ゲイを侮蔑するような発言をしていたことがメディアの報道で発覚しました。
 まず、Twitterでは、以下のような投稿をしていました。
「もし息子が家に帰ってきて娘のドールハウスで遊ぼうとしたら、俺はそれを息子の前で壊して『やめろ。それはゲイだぜ』って言うね」
「こんな質問をしたらどうだ? どれくらいのゲイがドレスシャツを着て汗をかくかって。だって本物の男はかかないからな(笑)。P.S.Fag※」

※Fag:Faggotの略称。ゲイに対する最も侮辱的・差別的な蔑称
 
 2010年のコメディ番組『ケヴィン・ハートのまじウケる(Seriously Funny)』では、「俺のいちばんの恐怖は、息子が成長してゲイになってしまわないかということだ。恐ろしい。頭に入れておいてほしいのは、俺はホモフォビアじゃない。君たちはしたいようにすればいい。でも異性愛者の男として、息子がゲイになるのを予防できるのなら、必ずする」と言っていました。
 約10年前ではありますが、こうした一連の発言によって、ケヴィン・ハートがホモフォーブ(同性愛嫌悪者)であることが白日の下に晒され、あまりにも差別的な発言の数々に対して、一斉に非難の声が上がりました。
 
 そうした非難に対し、ケヴィンは過去のツイートを削除し、Instagramにアップした自撮り動画で「世の中はクレイジーの域を超えている。何年も前のツイートだぜ…オー・マイ・ゴット…。みんな、俺はもうすぐ40歳だ。人は変われるし成長する、年を重ねるとともに人は学ぶってことを信じないなら、もう何を話せばいいかわからない。俺に過去の失敗をいつまでも弁明して説明させたいなら、そうすりゃいい。でも俺はそうしない」と語りました。さらに、そのコメント欄で「俺の過去をさかのぼって見つけたことに激怒したって、俺はどうでもいい」「俺を信じないなら、それは君らのせいだ」と、逆ギレしたのです。
 その数時間後、ケヴィンは再びInstagramに投稿し、アカデミー賞授賞式の関係者から「ツイートについて謝っていただくか、他のホストを見つけなくてはいけない」と言われたことを報告し、「謝らないことを選んだ」と言い、ホストを辞退することを表明しました。その1時間後にはTwitter上でアカデミー賞授賞式のホストを辞退する決断を下したことを正式に発表しました。辞退の理由を「自分のせいで、祝福されるべき一夜に才能ある人々の邪魔をしたくないから」と説明するとともに、今回の事態について「僕が昔にした無神経な発言についてLGBTコミュニティに謝罪します」と、最終的には傷つけた人々に謝罪することになりました。

 アカデミー賞授賞式について言うと、2011年、第84回アカデミー賞授賞式プロデューサーに選ばれていたブレット・ラトナーが、リハーサルの有無に対する質問に対して「リハーサルはFaggot(おかま)がやることだ」と発言したことが、非難の嵐を呼び、降板しています。
 アカデミー賞に限らず、例えば2007年、ドラマ『グレイズ・アナトミー』に出演していたイザイア・ワシントンが共演していたT.R.ナイト(オープンリー・ゲイです)に対して同性愛差別発言をして降板した事件なども有名です。

 今年は、スポーツ界でも同性愛嫌悪発言が問題視される事件が相次いでいます。
 メジャーリーグ、ブレーブスの左腕ショ-ン・ニューカム投手が、10代の時に人種差別や同性愛者差別のツイートを投稿していたことが明らかになり、謝罪したうえ、メジャーリーグ機構から感受性トレーニングなどの研修を受けることを要請されるという事件も起こっています。ブルワーズのジョッシュ・ヘイダー投手も同様の処分を受けています。
 サッカーでは、今年6月、W杯ロシア大会のドイツ対メキシコの試合で、メキシコのサポーターがドイツのGKマヌエル・ノイアー選手に対して同性愛者を侮辱するようなチャントを行ったとして、FIFAがメキシコを処罰する決定を下しています。
 
 このように、アメリカでは、LGBTを差別する発言に対しては、厳しい制裁が待っています。FIFAやIOCもLGBT差別禁止規定を設けており、ますます厳しく対処するようになってきています。





参考記事:
同性愛嫌悪投稿で司会辞退=コメディアンのハート氏謝罪-米アカデミー賞(時事通信)
米人気俳優ケヴィン・ハートさん、差別発言で来年のアカデミー賞の司会降板(毎日新聞/共同)
2019年アカデミー賞司会、内定俳優が辞退 同性愛嫌悪ツイート問題で(BBC)
アカデミー賞2019の司会者ケヴィン・ハートが辞退、「ホモフォビア」発言で批判受けて(フロントロウ)


よく見られている情報