GLOSSARY

LGBTQ用語解説

ピンクウォッシュ

 もともとは、LGBTQを支援している姿勢を積極的に打ち出すことでイスラエル政府がパレスチナ人への人権侵害を行っている事実を覆い隠し、同性愛者に厳しいイスラム文化圏に比べてイスラエルが人権先進国であるとして正当化するイメージ戦略のことを「ピンクウォッシュ」と言っていました(2010年にニューヨーク市立大学教授であり小説家のサラ・シュルマンが提言しました)

 例えば映画で白人以外の役を白人が演じること(や大坂なおみさんを白人のように描いたCMなど)が「ホワイトウォッシュ」と言って批判されてきたり、企業などが消費者への訴求効果を狙ってあたかも環境に配慮しているかのように見せかけることが「グリーンウォッシュ」だと批判されてきたように、「〜ウォッシュ」とは表面を取り繕う、上辺だけ、という意味で用いられる言葉です。
 「ピンク」の意味についてはこちらをご覧ください。

 現在、「ピンクウォッシュ」という言葉は、LGBTQフレンドリーであるように見せかける国や企業の行ないに対して広く様々な場面で用いられるようになっています。企業のマーケティングについて言うと、LGBTQを支援するフリをして実はお金儲けに利用している(LGBTを食い物にしている)ような場合に、非難を込めて「ピンクウォッシュ」「ピンクウォッシング」だと称されます。

関連用語
ジョブレインボー
レインボーグッズ