OUT JAPAN Co,.Ltd.

CONTACT US

実績

【企業研修】LGBT研修(三越伊勢丹)

記事日付:2018/11/02

三越伊勢丹様で開催されている社内勉強会「SNCAK※」にて、LGBT研修を実施させて頂きました。
※SNACKは、「Skill(技術)」「Network(ネットワーク)」「Attitude(姿勢・振る舞い)」「Communication」(コミュニケーション)」「Knowledge(知識)」の頭文字をとったもので、社員の主体的な学びを促すイベントです。
https://www.imhds.co.jp/csr/2017/labor_practices/wlb.html

開催概要
クライアント名:三越伊勢丹
日程:2018年10月26日
場所:三越伊勢丹 本社
対象:三越伊勢丹社内の希望者
講師:屋成和昭(株式会社アウト・ジャパン 執行役員)

研修のねらい
LGBTについて知るきっかけを提供し、LGBTを理解し受容する社内風土醸成について考える

どのSTAGE?
今回の研修は、弊社が考えるLGBTマーケティングのイメージSTGAE1~6(詳しくはこちら/service/)のSTAGE2にあたる「社内LGBT施策の推進」です。

LGBT研修プログラム(90分)
1.開会の挨拶(5分)
2.映画「カランコエの花」上映(40分)
3.LGBT当事者トークセッション、質疑応答(40分)
4.閉会の挨拶(5分)

●「カランコエの花」上映
LGBTをテーマに国内の映画祭でグランプリ6冠を含む計13冠を受賞した話題作「カランコエの花(https://kalanchoe-no-hana.com/)」を上映しました。


●LGBT当事者トークセッション
LGBT当事者トークセッションでは、一般企業で人事として働く30代のゲイの当事者の方にゲストスピーカーとして協力頂きました。
「カランコエの花」をみての感想、学生時代・就職活動・働く上で感じる困難や嬉しい配慮についてお話頂きました。
質疑応答では、「カミングアウトを受けた場合に、どのように反応するのがよいか?」「どういった配慮が必要?」など、様々な質問がでました。
イベント開催後には「この映画をもっと多くの人にみてもらいたいと思った」「トークセッションがあったので、映画で描かれているLGBT当事者の気持ちや、周りの反応などの場面がより理解できた」といった意見が出るなど、満足度の高いイベントとなりまし。