お問い合わせ

LGBTコラム

結婚の平等とは

 同性カップルの権利を認めようとする動きは、1970年代からカリフォルニア州で始まりました。国としては、1989年にデンマークが世界で初めて登録パートナーシップ法※が制定され、シビルユニオン※など結婚に準じるような様々な法制度が欧米を中心に認められるようになり、2000年にオランダが世界で初めて同性の結婚を認めました。
 現在では28ヵ国が同性どうしの結婚を承認しています。
(国や州が同性婚を承認したとしても、教会で結婚式を挙げる権利や養子縁組は認めなかったりするケースもあります)
 
 欧米を中心に同性婚を認めようという運動が盛り上がるなかで、次第に「同性婚(same-sex marriage、gay marriage)」というよりもむしろ「結婚の平等(marriage equality)」である、という考え方が広まってきました。男女の結婚と区別された何か特殊な結婚の形があるのではなく、異性だろうと同性だろうと誰でも、憲法の精神(平等権など)に照らしてすべての人に結婚の権利を平等に認めるべきであるという考え方です。「たとえシビルユニオン※で実質的な権利がすべて認められたとしても、結婚できない以上、同性愛者は二級市民に貶められているのだ」という声が強くなり、現在では、「結婚の平等」を掲げる運動が主流になってきています(台湾の「婚姻平権」という合言葉のように)
 
 国が結婚の平等を認める道筋としては、・国会で承認される(民法の「男女」と限定する記述が改正されるなど)、・憲法で承認される(国民投票で改正されるなど)、・最高裁や憲法裁判所が同性婚を認めないのは憲法違反であると判断する、という3つのいずれかになります(大統領や政府が主導することもありますが、国会や国民投票での承認を経ずに強行するということはまずありませんので、結局は上記のいずれかに当てはまります)。アメリカ、ブラジル、台湾、エクアドルなどは、最高裁や憲法裁判所の判断で認められたケースです。日本でも2019年2月、同性婚訴訟が始まりました。
 
※準婚姻制度
 同性婚に準じる制度として、シビルユニオン(シビルパートナー法、シビル婚とも)や、ドメスティックパートナー法、登録パートナーシップ法などがあります。
 シビルユニオンは、結婚とは呼ばれないだけで配偶者として保障される権利(税制上の優遇や相続など)は全く同等に認められる制度のことです(結婚は神聖なものであり、男女間にしか認めないというキリスト教の価値観が色濃く影響しています)
 ドメスティックパートナー法や登録パートナーシップ法(総称して同性パートナー法とも言われます)は、男女の結婚した夫婦に保障される権利の一部を、同性カップルにも適用するというものです。日本の地方自治体で広がっている同性パートナーシップ証明制度も、この中に含まれると見てよいでしょう。



 
結婚の平等を達成した国の一覧
(施行順)
2020年5月26日現在

1 オランダ 2001/4/1 
2 ベルギー 2003/6/1 
3 スペイン 2005/7/3
4 カナダ 2005/7/20 
5 南アフリカ 2006/11/30 
6 ノルウェー 2009/1/1 
7 スウェーデン 2009/5/1 
8 ポルトガル 2010/6/5 
9 アイスランド 2010/6/27 
10 アルゼンチン 2010/7/22 
11 デンマーク 2012/6/7 
12 ブラジル 2013/5/16 
13 フランス 2013/5/18 
14 ウルグアイ  2013/8/5 
15 ニュージーランド 2013/8/19 
16 イギリス 2014/3/29(※北アイルランドは2020/1/13)
17 ルクセンブルグ 2015/1/1 
18 アメリカ 2015/6/26 
19 アイルランド 2015/11/16 
20 コロンビア 2016/4/28 
21 フィンランド 2017/3/1 
22 マルタ 2017/9/1 
23 ドイツ 2017/10/1 
24 オーストラリア 2017/12/9
25 オーストリア 2019/1/1 
26 台湾 2019/5/24
27 エクアドル 2019/6/12  
28 コスタリカ 2020/5/26

※メキシコでは、メキシコシティ、キンタナ・ロー州などですでに同性婚ができるようになっています。2016年5月に大統領がメキシコ全土で同性婚を認める法案に署名、と報じられましたが、まだ国会で承認されていないようです
※キューバで2019年、憲法改正で同性婚が認められると報じられましたが、結局まだ実現していないようです。
※スロベニアでは、2015年3月に同性婚法が成立しましたが、同年12月に国民投票で否決され、実現に至っていません

参考資料:IGLA「State-Sponsored Homophobia report: latest edition(2019)」ほか

 

▶▶アウト・ジャパンでは企業としてLGBTに関する取組みをこれから始めたいとお考えの方、何からはじめればいいのかわからないダイバーシティ担当者の方むけに定期的に無料のオープンセミナーを開催しています。最新の日程や内容についてはこちらをご覧ください◀◀

よく見られている情報