お問い合わせ

LGBT関連ニュース

ベントレーが地元のプライドに協賛し、レインボーカラーに彩色した高級車を発表

記事日付:2020/07/22

 英国の高級車・スポーツカーメーカー「ベントレー」は、本社があるイングランド北西部のチェシャー・イーストの評議会と連携し、7月25日にオンライン開催されるチェシャー・イーストのプライドイベントに参加することを発表しました。プライドへの参加を記念して、コンチネンタルGT V8コンバーチブルをレインボーカラーにラッピングした写真も公開しました。
 
 ベントレーはこの取組みに、クルー本社従業員の多様性、新型コロナウイルスからの復帰と再生への希望、そして地域社会への継続的なサポートという3つのテーマを込めました。 
 ベントレーの人事デジタル・IT担当役員のアストリッド・フォンテーン博士は、「レインボーはLGBTQ+コミュニティのアイコンとして知られています。今回、世界中で開催されるプライドイベントを祝福するため、初めてレインボーカーを作成しました。ベントレーがダイバーシティ&インクルージョンの重要性に重点を置くようになり、チェシャー・イーストのバーチャル・プライドに協賛できることを嬉しく思います。レインボーベントレーはその本質を完璧に捉えています」と述べました。
「車の実際のデザインは、ロックダウン中に開催したコンテストで提出されたコンセプトに触発されました。際立ったデザインはエレノア(5歳)でした。彼女のデザインは、私たちをサポートしてくれたローカルサービスへの感謝と、ここ数ヵ月にわたって私たちのローカルコミュニティをサポートするために、多くの同僚が行ってきた仕事も反映しています」

 チェシャー・イーストのプライドイベント「PR!DE in the park」は、英国時間の7月25日(土)14時〜19時にオンライン開催されます。そこでは、Bang Bang Romeoらの音楽ライブ、コンテスト、パフォーマンス、インタビュー、LGBTQ+コミュニティのサポートに関する発表など、様々なコンテンツが計画されています。レインボーのコンチネンタルGT V8コンバーチブルは、プライドをサポートするベントレーのスタッフへのインタビューとともに、イベント中にビデオで特集されるそうです。

 
 日本における自動車メーカーの取組みといえば、何と言ってもアルファロメオが有名です。まだ一般企業がほとんどLGBTQイベントに参加していなかった2010年頃から、パレードや映画祭、Tokyo SuperStar Awardsなどのイベントに協賛し、支えてくれました。本当に先進的で、サポーティブなブランドでした。
 一方、こちらの記事でご紹介したように、日系の自動車メーカーも近年、様々なLGBTQへの取組みを見せています。

 
 
 
参考記事:
LGBTQ+ のアイコンカラーに身をつつんだベントレーを製作(Octane)
https://octane.jp/articles/detail/5378
ベントレー版「虹プロジェクト」始動!! 「コンチネンタルGT」のレインボーの理由とは(くるまのニュース)
https://kuruma-news.jp/vague/post/17443

よく見られている情報