お問い合わせ

LGBT関連ニュース

メーン州とオレゴン州が、出生証明書の性別欄にノンバイナリーと記載することを認めました

記事日付:2020/07/17

 7月14日は、国際ノンバイナリーデーでした。たくさんの人々がツイートしたため、#NonBinaryPeoplesDayというハッシュタグがトレンド入りしたそうです(詳細はこちら
 
 近年、サム・スミスや『クィア・アイ』のジョナサン・ヴァン・ネスらがノンバイナリーであることをカムアウトしたり、テイラー・スウィフトが米国勢調査の性別欄に「男/女」の選択肢しかないことを批判したり、もちろんLGBTQ団体の運動の成果もあって、ノンバイナリーの人々に配慮する取組みや、権利擁護の動きが進んでいます。
 ドイツのように出生証明書の性別欄に「第三の性」を記載することを認める国も増えてきました。今年の絵文字にはジェンダーニュートラルなバリエーションが多数追加されました。昨年の「Word of the Year」には性別を問わない代名詞「they」が選ばれました。
 しかし、LGBTQの自殺を防ぐための支援活動を行なっていることで有名なトレヴァー・プロジェクトの最新の調査結果によると、トランスとノンバイナリーの若者たちの実に半数以上が昨年、真剣に自殺を考えたことが明らかになっています。まだまだ生きづらさを感じている人が多いのです。
 
 一方、今年の国際ノンバイナリーデーには素晴らしい前進もありました。

 米メーン州が、出生証明書の性別欄を男性でも女性でもなくノンバイナリーと書くことを認めました(運転免許証とIDカードについては2018年から認められていました)。18歳以上の人は自分の意志で変更できますし、18歳未満の場合は親がノンバイナリーと書くことができます。
「この変化は、私のような男性とも女性ともアイデンティファイできない人生を送る者にとって、重要な違いになります。本当にワクワクしています」と、LGBTQ団体「イクオリティ・メーン」のジア・ドルーは語りました。「トランスの子どもを持つ親や、ジェンダークィアな若者や、いろんな人にヒアリングをしました。みんな時代遅れなプロセスに苛立っていました。私はこのニュースが、この不安な時代にあって、人々の希望となることを願っています」
 
 オレゴン州でも同様に、出生証明書の性別欄にノンバイナリーと記載することを認めるよう、控訴裁が判決を言い渡しました。昨年の地裁の判決を覆したかたちです。控訴裁は「新しい性別の指定は、請願者のジェンダーアイデンティティを確証しなければならない。それは男性、女性、ノンバイナリーだ」と述べました。医師の診断も必要としないそうです。
 請願を出したジョーンズ・ホリスターさんは、「言葉になりませんでした。ずっと泣いていました」と語りました。「私はあらゆる用紙で、男性か女性かの選択を迫られてきました。どちらも正しくないのに」「今回の判決で初めて、自分がそうだと思うジェンダーが法的に認められ、証明書に書かれることになります。うれしくて、めまいがしそうです」
  
 アメリカでは2017年6月にワシントンD.C.が全米で初めて、運転免許証の性別欄にジェンダーニュートラルと記載できるようにする権利を認めました。
 2019年1月1日からはニューヨーク市で、出生証明書に第三の性を記載することが認められました。
 現在では、このようなノンバイナリーの権利を認めている州は、全米で約20州に及んでいます。
 

 
参考記事:
The largest study of trans and non-binary youth reveals more than half have seriously contemplated death by suicide(PinkNews)
https://www.pinknews.co.uk/2020/07/15/non-binary-trans-lgbt-youth-suicide-trevor-project-mental-health-self-harm-survey/
Maine Adds 'Nonbinary' Gender Marker on Birth Certificates(Advocate)
https://www.advocate.com/transgender/2020/7/15/maine-adds-nonbinary-gender-marker-birth-certificates
Non-binary people gain legal recognition and birth certificate rights in historic Oregon ruling(PinkNews)
https://www.pinknews.co.uk/2020/07/10/oregon-non-binary-legal-recognition-birth-certificate-jones-hollister-gender/

よく見られている情報