LGBT関連ニュース

サッカー米女子代表ミーガン・ラピノーとWNBAスー・バードが婚約、米報道「LGBTQコミュニティを象徴するカップル」

記事日付:2020/11/01

 米女子サッカーのキャプテンとしてW杯で史上最多となる4度目の優勝を導いたミーガン・ラピノーと、バスケットボール米女子代表として五輪で4連覇し、プロリーグWNBAでプレーするスー・バードが10月30日、婚約したことを発表しました。米スポーツ専門誌『スポーツイラストレイテッド』は、「パワーカップルのスー・バードとミーガン・ラピノーが婚約した」「LGBTQコミュニティを象徴するカップル」と報道しています。

 
 バードは自身のインスタグラムに1枚の画像を公開しました。海をバックにラピノーが片膝をつき、プールに入った様子のバードに指輪をはめている姿です。逆光となった2人のシルエットは、幸せそうな雰囲を漂わせています。 
 記事によると、二人はリオ五輪のスポンサーイベントで出会って意気投合しました。
「バードがラピノーとデートしていることを公表してから、シアトルのスポーツスターはLGBTQコミュニティの象徴的なカップルとなった」
「ラピノーが2019年W杯でチームを優勝に導いた時にバードが応援し、2020年WNBAファイナルでバードとシアトル・ストームが圧倒した際は反対にラピノーが応援したように、二人がしばしばサイドラインから互いをサポートする姿が見かけられている」
 二人の婚約のニュースには、米大統領選に出馬している民主党のバイデン前副大統領からも「愛は必ず勝つ」と祝福のメッセージが贈られています。
 
 ミーガン・ラピノーは男子との報酬格差是正を訴えてきたほか、昨年、W杯優勝記念イベントで「このチームにはピンクの髪もタトゥーもゲイもいる」「同性愛者なしのチームで優勝なんてできない」と語り、話題になっていました(詳細はこちら)。今年のTIME誌「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれています。

 
 

参考記事:
ラピノーが同性と婚約 米女子サッカー(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020103100381
ラピノーとバードが婚約 米女子スポーツのスター選手(AFP)
https://www.afpbb.com/articles/-/3313178
サッカー・米女子代表ラピノーが同性婚 WNBA選手の報告を米報道「象徴的なカップル」(THE ANSWER)
https://the-ans.jp/news/132948/

ジョブレインボー
レインボーグッズ