OUT JAPAN Co,.Ltd.

CONTACT US

実績

【イベント】LGBT-Allyサミット#3

記事日付:2018/09/18

LGBT-Allyサミットとは
LGBTダイバーシティに取り組んでいる、これから取り組もうとしている企業・団体が集まり情報交換を行うLGBT-Allyサミットを開催しました。
LGBT-Allyサミットでは参加企業・団体の取り組み状況の共有、グループディスカッション、LGBT当事者とのトークセッションなどを通じて、LGBTアライを増やしていく活動を行っています。
今回のサミットでは、映画『カランコエの花』の上映、LGBT当事者トークセッション、SOGIハラについての講演、LGBTアライ企業の取組発表などを行いました。

どのSTAGE?
当サミットは、弊社が考えるLGBTマーケティングのイメージSTGAE1~6(詳しくはこちらhttp://www.outjapan.co.jp/service/)のSTAGE1~3です。これからLGBTの取り組みを始めようとしている企業にとっては「はじめの一歩」、社内施策や既存商品・サービスの見直しを行っている、行う予定の企業にとっては新たな気づきや知識を得る機会となります。

開催概要
●日時
2018年9月6日(木)
第1部 13:00~17:00
第2部 17:30~19:30
場所
第1部 武田薬品工業株式会社 グローバル本社 会議室
東京都中央区日本橋本町2丁目1−1
第2部 三越前駅付近の飲食店
●参加費
第1部 1000円
第2部 5500円
●対象
LGBTに関する社内施策・マーケティング等にご興味のある企業の経営トップの方、ご担当者
※1社2名様までご参加頂けます。
●定員
60名
会場協力 武田薬品工業株式会社
主催 株式会社アウト・ジャパン
参加企業・団体 約40社/約60名 ※敬称略・順不同
ライフネット生命保険/日本生命保険/住友生命保険/三越伊勢丹ホールディングス/三越伊勢丹ヒューマンソリューションズ/大和リゾート/全日本空輸/JVCケンウッド/Jフロント リテイリング/ドンキホーテホールディングス/日本航空/キユーピー/ソシオークホールディングス/富士通/クーリエ・ジャポン(講談社)/ダイヤモンド社/マルハン/ライフコーポレーション/竹中工務店/NTTラーニングシステムズ/SBSホールディングス/アビームコンサルティング/エス・エー・エス/エヌ・イー ケムキャット/住友金属鉱山/キャスレーコンサルティング/ノバルティス ファーマ/ベーリンガーインゲルハイムジャパン/メディカル・ケア・サービス/新通/サンゲツ/ヒロモリ
厚生労働省/文京区役所
LGBT総合研究所/レインボーノッツ合同会社/LGBT Friendlyをあたりまえに準備室/結婚トータルサポート協会
LLAN(LGBTとアライのための法律家ネットワーク)

プログラム

13:00
開会の挨拶
映画「カランコエの花」上映
13:45
LGBT当事者トークセッション
14:10
情報交換タイム
14:30
SOGIハラについて(石橋達成弁護士、藤田直介弁護士)
15:20
LGBTに関する取り組み事例紹介(エス・エー・エス株式会社、文京区)
15:45
情報交換タイム
16:05
東北でのLGBTツーリズムについて
16:35
閉会の挨拶

映画「カランコエの花」上映(上映時間40分)
LGBTをテーマに国内の映画祭でグランプリ6冠を含む計13冠を受賞した話題作「カランコエの花(https://kalanchoe-no-hana.com/)」を上映しました。

– あらすじ –
「うちのクラスにもいるんじゃないか?」
とある高校2年生のクラス。ある日唐突に『LGBTについて』の授業が行われた 。しかし他のクラスではその授業は行われておらず、 生徒たちに疑念が生じる。「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」生徒らの日常に波紋が広がっていき…思春期ならではの心の葛藤が 起こした行動とは…?

LGBT当事者トークセッション
ゲイの当事者、レズビアンの当事者に登壇頂き、「カランコエの花」でのシーンを取り上げながらの感想や自分自身の体験、職場でのお話を語っていただきました。


Q.職場でカミングアウトしたことでよかったことや、逆に困ったことはありますか?

ゲイの当事者Aさん

「職場でカミングアウトしたことで、自分では自覚はなかったのですが、積極的になったと言われます。プライベートのことも隠さずに話せるようになり、以前よりも自己開示できるようになったからかなと思います。自分が自己開示することで、私に対して自己開示してくれる人も多くなり、気軽に話しかけてくれたり、相談されることも増えました。社内のいろんな人とコミュニケーションできることを評価され、人事を任されることになりました。」

レズビアンの当事者Kさん
「以前は職場でカミングアウトする必要をあまり感じていませんでしたが、パートナーと公正証書を交わしたことを機に、結婚に関する制度を使えるのかどうか確認するためカミングアウトしました。
カミングアウトしたときにちょっと困る反応としては『いい男性に出会ってないからじゃない?紹介しようか?』『何か辛い経験があって男性が嫌になったの?』といったことを言われることでしょうか。悪気はなく、本当に親切心で言ってくださっているんだろうなと思うので、ちょっと困ってしまいますね。正しい知識を持ってもらえれば、そういった偏見もなくなるのかなと思います。」

参加者からのコメント
●映画について
・アウティングの危険性もリアルに描いた作品だと思いました。前提知識がある人向けの作品だったと思うので、この場にはよいチョイスだったと思います。
・非常に考えさせられる映画で、自社の研修でも使えるのではと感じました。映画の中では答えが出ていないので、上映後のトークセッションがあったことでより理解が深まりました。
・自分自身では「良かれ」と思った事が当事者を苦しめてしまうということがわかった。
・映画をみて、中途半端な教育は逆に危険であるということがわかった。
●LGBT当事者トークセッションについて
・予想していたことではあるが、外見だけでは本当に判断できないと痛感した。
・レズビアンの方のお話はなかなか聞くことが少ないので考えさせられました。
・「優しさの押し売り」が当事者の負担となっている事。
・カミングアウトをして一番言われてつらかったのは「なぜわざわざ言うの?」と言われたことだった、という話が印象的でした。
・カミングアウトしてどうだったか、などのお話が伺えてよかったです。「自己開示」したことで、他の社員からも頼られ相談されるようになったとのお話が印象的でした。

情報交換タイム
参加企業がグループに分かれて自社の取り組み状況などの共有を行いました。情報交換はメンバーを入れ替えて2回行いました。






参加者からのコメント
・それぞれの企業の取り組みとして参考になりました。
・各社の現状を共有でき有意義な時間になりました。
・ダイバーシティ推進の担当者は大企業であっても、1-2名のこともあり個人活動ベースで行われていることも多い実態を把握できた。
・自主的な活動グループを募ったりすることや、グローバル展開している企業のイスラム圏での対応が課題という話などが印象に残りました。
・他社の取り組みを参考にしている企業がとても多いこと。
・他社も同様の課題を抱えているとわかった。

SOGIハラについて
石橋達成弁護士、藤田直介弁護士(LLAN代表理事)に登壇頂き、法的観点からの企業がLGBTに取り組む理由、どのような取り組みが必要かなどをお話頂きました。




参加者からのコメント
・法律等の見解や世の中の動きについて勉強することができ、とても有意義でした。
・かなり危険なやり取りが、日々の業務の中で行われているのではないかとハッとした。
・社内の運用を見直すきっかけにできればと思いました。
・アウティングの危険性に関して改めて当社の研修などを見直す良い機会になりました。
・企業のリスク管理としても対応が必要

LGBTに関する取り組み事例紹介(エス・エー・エス株式会社、文京区)

エス・エー・エス株式会社
企業説明会でレインボーフラッグを置くなど、LGBTフレンドリーを表明することで採用難となっているエンジニア職の採用に成功されている事例をお話頂きました。


 文京区
文京区の取り組み内容として、「文京SOGIにじいろ映画会」「文京区職員・教職員のための性自認及び性的指向に関する対応指針」などを紹介頂きました。

参加者からのコメント
・いち企業の取り組みとして参考になりました。
・採用に関して積極的にLGBTフレンドリー企業をアピールしていく勇気は素晴らしいと思いました。
・(文京区の取り組みに関して)公共の機関でありながら、このような取り組みを積極的に行っていることに驚いた。まずは東京23区からでも、このような取り組みが広がってゆくと良いと思う。
・企業とすれば行政が動き出していることが「可視化」できるので細かな内容より発信していただけることが有効だと思っています。
・行政でLGBTの取り組みがこんな進んでいるとは思いませんでした。
・渋谷区や世田谷区などメディアで取り上げられた自治体の動きに関しては目立ちますが、今回文京区の取り組みを聞くことができてよかったです 

東北でのLGBTツーリズムについて
復興庁選定事業「目指せ!ダイバーシティ東北」で行った、海外からのLGBT旅行客誘致のためのプロモーション事例についてご紹介しました。
この事業は、株式会社新通と株式会社アウト・ジャパンが共同で提案し実施しています。具体的には、LGBT旅行客を迎え入れるための基礎知識や配慮を学ぶ観光やホテル・旅館関連の企業や団体を対象としたLGBTセミナー、海外のLGBTインフルエンサーを招待した視察旅行、国内外のLGBTイベントでのプロモーションなどを実施しています。 

▼事業全体について株式会社新通さんよりお話頂きました。

▼東北で実施したLGBTセミナーや、海外のLGBTインフルエンサーを招待した施策旅行について、アウト・ジャパン代表取締役の小泉よりご紹介させて頂きました。
最後に施策旅行に参加したインフルエンサーがyoutubeで公開している動画も紹介しました。

参加者からのコメント
・視点を変えれば企業活動に取り組めるのではないかと、考えさせられました。
・LGBTツーリズムについて初めて知り、よいインプットになった。
・復興庁がこのような事業を選定していることを初めて知り、世の中の変化を感じました。

閉会の挨拶
最後に参加者の皆さまからコメントを頂き、司会の屋成からご挨拶させて頂きました。

第2部プログラム
飲食店に場所を移し、リラックスした雰囲気の中でざっくばらんに情報交換しました。

 


お問い合わせ
●次回の開催について
LGBT-Allyサミットは年に数回開催予定です。次回開催が決まり次第ご案内をお送りします。
ご参加を希望される企業様は【info@outjapan.co.jp】までお問い合わせお願いいたします。