OUT JAPAN Co,.Ltd.

CONTACT US

実績

オープンセミナー「採用現場におけるLGBTのリアル」を開催しました。

記事日付:2017/12/20

2017年2017年12月18日(月)に、アウト・ジャパン本社セミナールームにてオープンセミナー「採用現場におけるLGBTのリアル」を開催しました。

どのSTAGE?
今回のオープンセミナーは、弊社が考えるLGBTマーケティングのイメージSTGAE1~6(詳しくはこちらhttp://www.outjapan.co.jp/service/)のSTAGE1にあたる「はじめの一歩」です。
LGBTについて知り、理解する機会として開催いたしました。

開催概要
日時:2017年12月18日(月)15:00~17:00
対象:LGBTダイバーシティの推進にご興味のある企業のご担当者、経営トップの方
参加費:無料
主催:株式会社アウト・ジャパン
会場:株式会社アウト・ジャパンセミナールーム
講師:
屋成和昭(株式会社アウト・ジャパン 執行役員)
星賢人氏(株式会社JobRainbow CEO)

プログラム
第1部 LGBTの基礎知識
第2部 採用事例紹介
・LGBT当事者の声(就職活動や働く上でどんなことに困っているのかなど)
・カミングアウトを受けた場合の対応など、採用現場での配慮の仕方
・LGBTの取り組みを始めたことで採用力がアップした企業の事例 など

第1部のLGBT基礎知識では、アウト・ジャパンの屋成が講師となり、LGBTについての基礎的な知識、LGBTに関する日本の現状などをご紹介しました。 

第2部では、JobRainbowの星賢人氏より、ご自身の経験や、運営するLGBTしごと情報サイト「JobRainbow(http://jobrainbow.net/)」、LGBT求人サイト「ichoose(https://ichoose.jp/)を」で得た当事者の「声」を元に、LGBT当事者は就職活動や働く上でどのような悩みや不安を持っているのかをご紹介頂いた後、参加者のみなさんからの質疑応答の時間を設けました。

「LGBT当事者は働く上でどのような配慮を求めているのか」「異性愛を前提としない、ニュートラルな表現とはどのようなことか」など、採用現場や職場での具体的な配慮について質問が出ました。

ichooseを利用して採用に成功された企業様の事例もご紹介頂きました。「セクシュアリティをオープンにしている当事者が入社したことで、周りの理解がより深まった」「多様性を尊重する企業は働きやすいのではないか、という理由からLGBT当事者ではない人からの応募も増えた」など、LGBTの取り組みを行うことによるメリットが紹介されました。

参加者の声

・LGBT当事者の学生が、想像していた以上に不安を感じていることがわかった。
・LGBTについてなんとなく知っていたが、正しい知識を学ぶことができ理解がより深まった。
・LGBTアライ企業になることでのメリットの大きさがわかった。


 「STGAE1はじめの一歩」となるオープンセミナーは今後も定期的に開催していきます。新しいイベント情報はこちらのページ(イベント情報 http://www.outjapan.co.jp/event/)にてご紹介しております。