OUT JAPAN Co,.Ltd.

CONTACT US

LGBT関連ニュース

日テレとHuluがプライド月間を祝して「LGBT映画祭」を開催 

記事日付:2017/06/04

 「Googleトップページが8色のレインボーフラッグに」でもお伝えしたように、6月はアメリカの「プライド月間」にあたりますが、この「プライド月間」を祝し、日本テレビとHuluで今月、「LGBT映画祭」が開催されます。
 日本の映画界では長年、LGBTの映画がキワモノ的な扱いを受けたり(「禁断の愛」などと言われたり)、さもなくば(『キャロル』がそうであったように)意図的に同性愛のことを伏せて「普遍的な愛の物語」などと謳われることが当然のようにまかり通ってきました。いま現在も、8月25日から公開される『ワンダーウーマン』について、作者が「ワンダーウーマンはバイセクシュアルである」と明らかにしているにもかかわらず、PRのコピーが「最強のスーパーヒーローのはずが、実は世間知らずでオトコも恋も知らない天然系女子だった」とされ、「下品すぎる」「ひどすぎる」「最低」と酷評されています。配給会社やPR会社の方が、未だにそういうことをやってしまう、何が問題なのか気づいていないところにホモフォビア(同性愛嫌悪)の根深さを感じさせます。
 そんな状況で、堂々と、地上波でLGBT映画祭が開催されることの意義は計り知れないものがあります。当然、日本テレビやHuluという企業への当事者の支持は厚くなるでしょう。
 これまでに、アカデミー賞や国際映画祭などで評価を受けた数々のLGBT映画の名作がありますが、今回、本当に良質な作品が奇跡のように一挙に放送・配信されます。LGBTへの理解を深めるうえでも、ぜひこの機会にご覧くださいますよう、お願い申し上げます。
(なお、今回放送・配信される個々の作品についてこちらでご紹介しておりますので、ご覧ください)
 

日テレ「映画天国」LGBT映画祭

 日本テレビの深夜映画番組「映画天国」が6月6日(火)(=5日(月)深夜)から4週にわたり、「LGBT映画祭」を開催。宣伝担当者によると、同局が「LGBT」と銘打って映画の特集放送を行うのは今回が初めてです。(ちなみに地上波TV局でLGBT映画を初めて特集したのはTOKYO MXで、2014年に東京レインボープライド応援企画として『プルートで朝食を』などを放送しています)
 番組では作品解説コーナーも設けられ、ゲイの映画ライター・よしひろまさみちさんと、NPO法人虹色ダイバーシティ代表の村木真紀さんをゲストとして登場します(ちなみに村木さんは、2005年の第1回関西クィア映画祭を主催していて、LGBT映画への造詣も深い方です)
 番組プロデューサーの谷生俊治氏は「今回お届けする映画は、いずれも世界の映画祭で様々な受賞歴を誇る素晴らしい作品です。LGBTの当事者や関係者の方々はもちろん、そうでない視聴者の皆様にもお楽しみいただける映画が4本放送できることをうれしく思います。LGBTという言葉になじみがない方にも、今回のお祭りの放送が心に残る視聴体験になることを願っています」と語っています。

日テレ「映画天国」LGBT映画祭
6月6日(6月5日深夜)『あしたのパスタはアルデンテ』
6月13日(6月12日深夜)『ぼくのバラ色の人生』
6月20日(6月19日深夜)『アルバート氏の人生』 
6月27日(6月26日深夜)『パレードへようこそ』 
いずれも火曜午前1時59分=月曜深夜25時59分から放送

(『パレードへようこそ』(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED. BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE 2014. ALL RIGHTS RESERVED.)


Hulu「LGBT映画祭」
 
 オンライン動画配信サービス「Hulu」でも6月5日(月)から「LGBT映画祭」が開催されます。日テレ「映画天国」の4作品も放送後に配信されるほか、あの不朽の名作『ブロークバック・マウンテン』や『ブエノスアイレス』などを含む名作ゲイ映画が多数、配信されます。

Hulu「LGBT映画祭」
上映作品一覧
『ブエノスアイレス』
『ブロークバック・マウンテン』
『アイム・ソー・エキサイテッド!』
『J・エドガー』 
『フィリップ、君を愛してる』 
『ダラス・バイヤーズクラブ』 
『チョコレートドーナツ』 
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 
『追憶と、踊りながら』
『マイ・ビューティフル・ランドレット』
『ベルベット・ゴールドマイン』
『3人のエンジェル』 

(『ブエノスアイレス』 (C)1997, 2008 Block 2 Pictures Inc. All Rights Reserved.)

 さらに、Huluでは現在、ゲイ版「セックス・アンド・ザ・シティ」と呼ばれる海外ドラマ「Looking/ルッキング」のシーズン1、2が独占配信中です。名作ゲイ映画『ウィークエンド』のアンドリュー・ヘイが監督・脚本を務め、今のサンフランシスコで生きるゲイたちの日常をリアルに、あたたかく描く素敵な作品です。人気ドラマ「glee/グリー」のジェシー役として出演していたジョナサン・グロフ(ゲイであることをカミングアウトし、『HEROES』のザカリー・クイントと交際していました)が主演しています。