OUT JAPAN Co,.Ltd.

CONTACT US

LGBT関連ニュース

「プライドハウス東京」がキックオフ、大会終了後はLGBTが安心・安全に過ごせるセンターへ

記事日付:2018/09/07

 昨年の【東京五輪】LGBTの交流や情報発信の拠点「プライドハウス」設置へでもお伝えしたように、2020東京大会におけるLGBT(セクシュアルマイノリティ)の交流・情報発信の拠点となる「プライドハウス」の設置に向けて準備が進められてきましたが、9月6日、正式に「プライドハウス東京」について記者会見が開かれました。市松模様の大会エンブレムを手掛けた野老朝雄さんによるロゴがお披露目されたほか、LGBTへの理解を深める教育や文化、参加型スポーツイベントなども行われること、複数の企業や団体が連携して運営する形を目指すことなどが発表されました。そして、大会が終わった後の「プライドハウス東京」は、LGBTのユースが安心・安全に過ごせる「居場所」となるような常設のセンターを目指すということも発表されました(素晴らしいですね)
 
 日本のスポーツ界では現状、カミングアウトしている選手はほとんどいませんが、企業による支援や、差別を禁じる法整備を目指す動きも出てきています。
「スポーツは互いを知り理解を広げるためにすごく良いと思いますが、残念ながらアメリカの調査などでは、LGBTの子どもたちが学校で嫌いな場所は体育館、運動場、更衣室などスポーツにまつわる場所が多く、体育の授業や部活動の参加率も低いことがわかっています。世界にはそうした若者が悩んだときに訪れる常設のLGBTセンターなどがありますが、日本にはなかなかない。若者がいつでも安心して集える場所をつくりたい」と、松中権さんは語りました。
 元フェンシング女子日本代表選手でFtMトランスジェンダーの杉山文野さんは「当事者がカミングアウトするのはまだまだ難しい。だからこそアライアスリートの方々のように、周囲がLGBTフレンドリーなんだという情報を発信していけばいいんじゃないでしょうか。海外ではLGBTに対するポジティブな動画メッセージを配信するチームや、チームの公式グッズとしてレインボーグッズをつくっているところもあります。そうしてウェルカムな空気を“見える化”していくのが大事なことだと思います」と語りました。
 記者会見には、虹色ダイバーシティの村木さんやHIV関連団体の方たちなど、多くの当事者の方たちの姿もありました。
 
 
 以下、プレスリリースより抜粋して、情報をお伝えします。

 任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアム(以下、コンソーシアム)は、2020東京大会のタイミングを、LGBTに関する情報発信を行うための最重要機会のひとつと捉え、セクター横断の28団体・個人・企業が連携し、その効果を最大化するためのプラットフォームとなることを目指します。特に、2020年以降、日本社会におけるレガシーとして「次世代のLGBTの若者たちのための安心できる居場所」を残すという団体の意志を込めて、パラリンピック最終日の2年前である、2018年9月6日にキックオフしました。
 
■「プライドハウス東京」は、2020年以降のレガシー創出を目指す
 
 コンソーシアムは、大会までの期間(TOWARD 2020)および大会期間中(UNITED 2020)において、様々な参加型プログラムや教育コンテンツ等を開発・実施し、より多くの方々にLGBTへの理解を深めていただくとともに、選手を含めた国内外から訪れるLGBTやその家族・友人・アライが安心して集い交流できる場を提供します。あわせて、大会の開催以降(BEYOND 2020)においては、上記期間にて集約・蓄積したLGBTに関するプログラムやコンテンツ等を活用し、総合的・継続的な情報発信を行い、LGBT、特に次世代の若者たちが安心・安全に訪れることのできる「居場所」としての、日本初の常設スペース「プライドハウス東京・レガシー」(仮称)の設立を目指します。

■多様性と日本らしさを象徴するロゴデザイン

 プロジェクト全体のロゴデザインは、2020東京大会エンブレムを手がけ、「つながり」や「多様性」をテーマとした作品制作を続けている、アーティストの野老朝雄氏が担当。次世代にとっての「未来」となる躍動的なハウスをレインボーカラーで表現し、日本を象徴する伝統色である藍色と組み合わせることで、東京から生まれるレガシーへの願いを託しました。また、今後、プロジェクトの広がりにあわせて、多様な分野で活動する複数のLGBT団体、D&Iやスポーツ等に関する団体、自治体・企業・個人による、持続可能な協働へと発展することを視野に、可変性を象徴するオリジナルのタイポグラフィも同時開発しました。

■コレクティブインパクト型の協働を呼びかけ

 コンソーシアムは、日本社会により広くポジティブな影響をもたらすために、コレクティブインパクト型(行政、企業、NPO、財団、有志団体など立場の異なる組織が、壁を越えてお互いの強みを出し合い、社会的課題の解決を目指すアプローチ)の協働、自治体や企業によるプロジェクトへの参画を必須と捉え、特に、大会に関連する自治体や、大会公式パートナー企業に対する呼びかけを積極的に行います。また、チャリティイベントやクラウドファンディングなど、市民参加度の高い運営資金調達の方法や持続可能な組織体制を、企業からのサポートに加えて検討していきます。あわせて、LGBTへの理解を深め、前向きな発信やアクションを行うアライをスポーツ界に増やしていくために、著名なスポーツ選手の「アライ・アスリート」としてのアンバサダー参画を促すとともに、2020東京大会に関連する団体やスポーツ団体への働きかけを推進する予定です。

■2019年はじめ、チャリティマラソンを企画 

 年度内のスケジュールとしては、11月に「大会関連自治体・パートナー企業担当者向け説明会」、12月に「メディア・記者向け懇談会」、2019年1月〜3月には市民参加型のチャリティマラソン企画「レインボーマラソン東京」(仮称)を計画している。なお、今後の各所からの問い合わせの窓口とプロジェクトの全体調整を行う、コンソーシアムの事務局は、これまで「プライドハウス東京」の準備計画を行ってきた認定NPO法人グッド・エイジング・エールズが担い、プロジェクト代表は同団体代表でもある松中権さんが務めます。

◆◆「プライドハウス東京」直近スケジュール(予定)◆◆
◎2018年11月:「大会関連自治体・パートナー企業担当者向け合同説明会」
◎2018年12月:「メディア・記者向け懇談会」
◎2019年1月〜3月:「レインボーマラソン東京」(仮称)
◎2019年4月:「プライドハウス東京」メインの設置場所等の発表


プライドハウス東京 公式サイト
http://www.pridehouse.jp


 
 
参考記事:
東京五輪で都内にLGBT拠点(共同通信)
東京五輪でLGBT拠点 国内初、交流や情報発信(SANSPO.COM)
LGBTの学習経験あるスポーツ指導者は3割——選手も打ち明けづらい日本スポーツ界変えるには(BUSINESS INSIDER)