OUT JAPAN Co,.Ltd.

CONTACT US

LGBT関連ニュース

今度は日テレ…司会者がゲイを侮辱する仕草でゲストに対して「コッチだよね?」

記事日付:2018/01/24

 1月21日放送『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、番組司会者の上田晋也さんが、ゲストの千葉雄大さんに対し、侮辱的な表現を使ってゲイなのかと問うシーンがあり、波紋を呼んでいます。

 お酒がすごく好きで、後輩とよく飲みに行くことが多いという千葉さんに対し、上田さんは「お酒を飲むとどんな感じになるの?」と質問。
千葉「(肉体的な)距離が近くなる。後ろから抱きつく」

上田「千葉くん、前から疑いはあったんだけど(手の甲を反対側の頬に当てる、ゲイを侮辱するジェスチャーで)コッチだよね?」

千葉「うーん、でもいいかなって」

上田「否定はしないのかよ!」

千葉「まだ持ち帰られたことはない」

上田「当たり前だよ!」
 
 手の甲を反対側の頬に当てるジェスチャーで「こっちの人」とか「そっち系」などと言うのは、当事者を侮辱する典型的な表現で、偏見に満ちたホモフォビック(同性愛嫌悪的)な言動と言えます(たとえ本人にその気がなくても、当事者を侮辱し、傷つける表現であることを理解すべきです)
 「前から疑いはあった」という言い方にも問題があります。なんら悪いことではない事柄に対して「疑い」という言葉は使いません(○○さんは左利きの疑いがある、○○さんは北海道出身の疑いがある、とは言いませんよね)
 千葉さんが「まだ持ち帰られたことはない」と言ったことに対して「当たり前だよ!」と返したことも、ゲイは当たり前ではない、普通じゃない、異常であると言外に言っているに等しく、とうてい許容できるものではありません。
 さらに、上田さんのこの「イジリ」が、本人が望まない形で性的指向を暴露する「アウティング」を誘発していることも問題です。
 
 実際に番組を観たり、このやりとりを知った方たちからは、SNS上でこのような声が上がっています。上田さんへの批判とともに、「違いますよ~」などと否定しなかった千葉さんへの賞賛の声が上がっています(海外でも、例えばジョージ・クルーニーが、ゲイじゃないかと言われていることに対して「別にそう思われても気にしないよ」とコメントしています)
「この手のゲイ嘲笑ネタが、学校や職場やテレビに当たり前に蔓延している。同性愛者も同じ「人間」なのに」
「「こっち?」という見下しも、それを笑いとして消費するのも、「同性愛者ではない」「いないもの」前提なのも、全てクソ」
「そろそろTVは偏見を刷り込んでいくやり方やめろよ」
「上田晋也が右手を顔に当てて「こっちなの?」とか聞くシーンをカットしない日テレに今日もガッカリ」
「普段あまり反応を見せない身近なゲイの人達もこの件に反応してた。頬に手をそえるあの仕草は、ゲイであることを隠して生活してる人にとって、身近で遭遇しやすい嫌な経験だからかな」
「フジテレビのあのキャラはなんとも思わないと言ってた人も、怒ってた」
「LGBTフレンドリー企業の資生堂が単独で提供している番組で、これがまかり通っちゃうの?」
「救いは、千葉雄大さんがその「こっちの疑惑」ネタに乗っからず、「でもいいかな」と返したこと。こういう反応は日本の芸能人では初めて見た」
「ああいう外道に負けませんように。俳優として実力と絶大な人気があるから大丈夫」

 ちなみに、昨年8月放送の24時間テレビ『愛は地球を救う』の「今夜限り!生しゃべくりでタレコミ続出!その真相を初告白007」というコーナーでも、上田さんが亀梨和也さんに対して同様の「イジリ」をしていました。上田さんは、タレントのIVANさんから「酔うとなよなよする。俺のほうが美しいでしょ、と美で対抗してくる」とタレコミがあったゲストの亀梨和也さんに対して、
「(オネエだってことを)言っちゃっていいと思うよ」

「(亀梨さんがピンクのTシャツを着ていることに対して)自分で選んでるんじゃないの~?」

「(場の空気に乗った亀梨さんがオネエっぽい仕草をすると)亀梨くんが認めてくれてよかったよね」
「亀梨って名前もやばいんじゃない。オネエで亀梨って」
などと発言しました。執拗に亀梨さんを「オネエ」認定しようとする、ひどいものでした(詳しくはこちら
 
 日本テレビは昨年、深夜映画番組「映画天国」で民法キー局としては初めてLGBT映画特集を放送し(この番組のプロデューサーがトランスジェンダーの方で、昨年のwork with Prideにも出演していました)、LGBTフレンドリーなイメージを印象づけていただけに、こうしたホモフォビア(同性愛嫌悪)に満ちた番組を野放しにして企業イメージを損ない続けているのは、たいへん残念なことです。フジテレビはあの事件に対して即座に謝罪し、社内研修を実施したりして巻き返しを図っていますが、日本テレビも早めに対応したほうがよいのではないでしょうか…。



参考記事:
上田晋也が同性愛者の揶揄を「イジリ」に使うことの問題性(wezzy)